世界中コロナで大変ですが折角の3連休、それに自粛ばかりしてちゃダメでしょってことで家族旅行です。
コロナが怖くないわけではないので念のため移動は自家用車で行ける所で探し、母親の誕生日もあったのでちょっと良い温泉ホテルでゆっくりとしてきました。

高速道路で彦根へ行き彦根城を見学、コロナのせいで城内等屋内施設はすべて閉鎖なのは仕方ないですね。
IMG_20200320_095205
IMG_20200320_095256

IMG_20200320_095707

IMG_20200320_095902

IMG_20200320_100336
外国人がいない今、観光客もあまりいないのでややさみしい感じもしますがゆっくり見て回れます。
IMG_20200320_100945

IMG_20200320_100905
天守入口はこの通り閉鎖中でした。
IMG_20200320_100858
それでも春はやってくるもの。桜がちらほらと
IMG_20200320_101027
博物館ももちろん閉鎖中
IMG_20200320_101716
彦根城入場券には玄宮園入園も含まれているので庭園散策です。
IMG_20200320_103149

IMG_20200320_103313
こちらでも早咲きの桜は咲き始めていました。
IMG_20200320_104412

IMG_20200320_104342
その後は琵琶湖を右手に南下、琵琶湖大橋を渡って琵琶湖の道の駅で一休み。
IMG_20200320_132415
砂浜にも出れる道の駅なので湖岸で琵琶湖を楽しめます。
IMG_20200320_132855
お土産コーナーで売っていたみたらしを見てでかい!と思ったらもっとでっかいのも売ってました。
IMG_20200320_133512
IMG_20200320_133515
今回のホテルは雄琴温泉にある老舗、湯本館です。
雄琴温泉はちょっと古い方だとあれなイメージがあるみたいですがもともと歴史のある温泉街、そこへトルコ風呂(今でいうソープ)のような風俗が京都から追い出されてきて居座ったのです。もちろんいかがわしい連中のは温泉を引いたわけでもなく雄琴温泉としては風評被害はなはだしかったことでしょう。しかし今ではまともな地元の温泉が頑張ってくれているので安心して行ける温泉地です。

そんな歴史もあってかここ湯本館さんのおもてなしは素晴らしかったです。
正直外観は古めな感じでしたが駐車場に車を止めたらすぐに駐車場まで出てきてくださり荷物を運んでくれました。運ぶ際に名前の確認をするとフロントへ到着もスムーズに連絡してくれてドアマンとフロントアテンダントの連携はアンダーズのようにスムーズです。
IMG_20200320_145208
外観からは想像できない和モダンな内装にびっくり。
IMG_20200320_164545

IMG_20200320_164601
チェックインは座って行うタイプです。
IMG_20200320_145231
温泉施設など館内の説明と夕朝食の時間の選択、更に春休み企画としてビンゴゲームが夜あるので是非参加してくださいとビンゴカードです。大人用と子供用で別れていて子供用はミニオンやディズニーなどのちょっとしたグッズで参加者全員がもらえるまで行われ、大人用は目玉の近江牛をはじめホテルのお土産品などがありました。
IMG_20200320_145548
ロビーにあるアトリウム庭園「淡海」、4階まで吹き抜けのアトリウムは開放的で良い雰囲気でした。
IMG_20200320_201805
IMG_20200320_201739
もちろんお部屋までの案内もあります。
IMG_20200320_214054
館内の廊下はさほど広くないですが通路に飾りがあったりと良い和の雰囲気です。
IMG_20200321_081705

IMG_20200320_213941
IMG_20200320_213950

お部屋は和室8帖+広縁のジャパニーズモダン和室。通常和室と同じ広さですが壁などが和モダンでちょっとおしゃれなタイプです。
IMG_20200320_145913

IMG_20200320_150430
TVは壁掛けで東芝の32型とやや小さめでした。
IMG_20200320_150425
無料のお茶等もネスプレッソもミネラルウォーターもあり充実。
IMG_20200320_150416
温泉宿なのでお茶菓子もあります。スティックケーキはホテルオリジナル。売店で1本200円で販売していました。後は近江あられが一袋。
IMG_20200320_150411
冷蔵庫の中身は懐かしい引き抜くと勘定が自動的に伝わるタイプ
IMG_20200320_150437

IMG_20200320_150442
空気清浄機もしっかり完備されています。
IMG_20200320_150534
温泉があるけどバスルームもしっかりあります。
IMG_20200320_150553
ベイシンには温泉宿らしく手ぬぐいも置いてありました。
IMG_20200320_150649


IMG_20200320_150621
IMG_20200320_150624
女性用・男性用のアメニティはアロマエッセゴールドとGACHIのシリーズがボトルで置いてあります。
IMG_20200320_150616
アメニティ類は歯ブラシ、コーム、コットンなど一通りそろっていますが歯ブラシが全部同じ色だったのはマイナス点ですね。質は普通のホテル並みでした。
IMG_20200320_150739
バスタブは結構広く十分足が延ばせます。シャワーカーテンではなくアクリルガラス窓で仕切るタイプなので子供をバスタブで遊ばせつつ見守ることもでき便利でした。
IMG_20200320_150628
IMG_20200320_150634_1
バスアメニティはマーガレットジョセフィンのボトルタイプです。
IMG_20200320_150638

クローゼットも十分な広さ、リセッシュも完備です。
IMG_20200321_085558
IMG_20200321_085550
浴衣は子供用もしっかりあり、大人用はサイズが4タイプ用意されているのも良いですね。ちなみに子供用はチェックイン時に子供の身長を聞かれサイズを用意してくれました。
IMG_20200320_151418
IMG_20200320_151423
IMG_20200320_151512
足袋も置いてありこういった点は完全に温泉旅館です。
IMG_20200320_151503
ルームキーはカードではなく物理キー、オートロックではない点は要注意ですね。
IMG_20200320_174007
館内案内には夜食用のラーメン店やバー・スパエステなどの紹介がありこのラーメン等は出前(ルームサービス)もしてくれるみたいです。
IMG_20200320_174155
IMG_20200320_174202
IMG_20200320_174209
コンセントはTV下と空気清浄機近く、部屋側面壁の3か所でちょっと少なめ。
IMG_20200320_214855
IMG_20200320_214902
IMG_20200321_062139
一休みしたので早速温泉に行ってきます。
通路にあった自動販売機はちょっとぼったくり価格でした。
IMG_20200321_081608
湯本館は温泉が自慢、その場所は11階と5階の露天風呂が日替わりで男女交互。8階と2階が男女両方ある大浴場です。貸切風呂を除いても4か所あるのは凄いですね。
IMG_20200320_152532

IMG_20200320_155135
アトリウムを2階から見るとこんな感じです。
IMG_20200320_155345

IMG_20200320_155359
温泉までの途中には湯本館の歴史や美術品などが飾られています。
IMG_20200320_155441
IMG_20200320_155445
IMG_20200320_155448

IMG_20200320_155452
各温泉の出たところには湯上り所で休める場所があり冷たいお水が飲めるようになっていました。
タオルはバスタオル・ハンドタオル両方用意されているのでお部屋から持っていかなくても良いので便利です。
温泉内は写真撮影不可なのでどんなのかだけ書いていきます。
まずは8階の展望大浴場。その名の通り高所から琵琶湖が一望できるレイクビューの浴場で内部は2階建て、室内と2階は露天という作りで一番普通な温泉です。
IMG_20200320_155158

IMG_20200320_161307
スリッパ判別用に番号札とかでなくトランプなのが面白いです。
IMG_20200320_161311

IMG_20200320_161314
その後は2階の回遊大浴場へ。
この温泉は回遊の名前の通り様々なお風呂が楽しめる健康ランド的な温泉でした。
このホテル内で一番古い設備なのか内装はちょっと古めかしいですが、ジャグジー風呂から電気が流れるお風呂、寝湯やサウナなどいろいろあって楽しめるお風呂です。
IMG_20200320_161328
IMG_20200320_161334
途中には温泉の成分表がありました。
IMG_20200320_161344
2つ回った後は子供が行きたいというので地下にあるゲームコーナーへ。
IMG_20200320_161539
そこまで広くなく、いかにも温泉宿的なゲームコーナーです。
IMG_20200320_161602
IMG_20200320_161608
IMG_20200320_161613
エアホッケーは大人用の大きいにと子供用の小さいのがありました。
IMG_20200320_162009
定番のワニワニパニック。100日も待たずに倒せます。
IMG_20200320_162419
温泉宿にはパチンコ屋から降りてきたパチスロがあるのも定番ですね。私はパチンコ等はやらないのですがここでならリーズナブルに遊べるかも
IMG_20200320_162733
卓球台とビリヤードも完備されています。温泉卓球も定番ですね。
一通り見てクレーンゲームやホッケーを楽しみました。クレーンゲームは良心的でアームがそこまで弱くしてないので比較的取りやすい設定でした。
IMG_20200320_162014
ロビー階にはお土産屋さんも入っています。琵琶湖のお土産からホテルオリジナルのものまで一通りそろっていますよ。
IMG_20200320_164538_1
夕食は宴会場で時間指定のタイプです。
普段だと大きな宴会場で一度に食事なのかもしれませんが今回はコロナ対策なのか一家族ごとに小型の宴会場が貸し切りでした。
IMG_20200320_175357
食事の会場まで行くと一人スタッフがついてくれてお料理の説明から配膳などすべて行ってくれました。広い会場で3人なので申し訳ないくらいですが子供連れなのもあってちょっとくらい騒いでも大丈夫な環境はありがたかったです。
IMG_20200320_175409
今回のプランについていた夕ご飯は「認定近江牛とバームクーヘン豚をあじわい尽くす会席」
IMG_20200320_175454
これがお品書き
IMG_20200320_175739

IMG_20200320_175932
こっちがしゃぶしゃぶ用の近江牛とバームクーヘン豚です。
IMG_20200320_180247
これは鉄板焼き用の和牛です。
IMG_20200320_180250
ご飯は土鍋で目の前で炊き上げるタイプ。炊き立てがいただけるのはうれしいですね。
IMG_20200320_180312

IMG_20200320_180636
会席料理なので順次お料理が出てきます。これはお造り、虹鱒と活鯛と炙り貝柱、氷が敷き詰めてあるのが良いですね。
IMG_20200320_181718
IMG_20200320_181820
この椀物は筍と鰻の彩り蒸し、帆立真丈に筍と鰻が入っていて真ん中にはお豆腐。真丈が結構ボリュームー
IMG_20200320_181728
IMG_20200320_181828
次の器はじっくり煮込んだ豚角をじゃがいものピューレと共に。柔らかく甘辛くしっかり似た豚の角煮はホテルの名物料理です。下のじゃがいものピューレがその汁を吸ってこれまた素晴らしいことに。
IMG_20200320_182751
IMG_20200320_183539
ご飯がたけたのでいただきましょう。
IMG_20200320_183313
土鍋はこんな感じです。
IMG_20200320_183556
最後はデザート、クランベリーと酢橘のジュレ、季節のフルーツ、抹茶とほうじ茶の生チョコです。
コースとしても十分な量で鉄板焼やしゃぶしゃぶの固形燃料も食べるのが遅くても補充してもらえるし見た目もお腹も満足できるお料理でした。
子供用も基本同じコースで量が少なかったり真丈がなかったりな感じでした。
IMG_20200320_190534
館内には他にもこんな美術品が飾られていました。
IMG_20200320_191226
IMG_20200320_191209
お部屋に変えると布団が敷いてありました。
IMG_20200320_193150
その後はロビーでビンゴゲーム。子供用と大人用で別れていて最初は子供用からスタート。子供用はミニオンやディズニーのちょっとしたグッズで全員もらえるまで行われました。
大人用は近江牛やホテルのお土産、ひこにゃんぬいぐるみなど。残念ながら当たりませんでしたが楽しかったし子供は喜んでいました。
IMG_20200320_204728
その後は日替わりの露天風呂へ、日替わりで男女入れ替えなので翌朝ももう一つに行ってきました。
5階の露天は野趣味あふれる山間の岩風呂的な露天風呂、11階の露天はさすが高層階で遠くまで見渡せるきれいな露天風呂でした。どちらもきれいで新しく違った風情が楽しめるので宿泊した際は両方行っておくのがおすすめです。5階のは岩のトンネルみたいなところもあり子供は冒険心をくすぐられたみたいで喜んでいました。
IMG_20200321_050444
もちろんタオルもどのお風呂も用意されているので完全に手ぶらで行けて楽です。
すべてのお風呂でバスアメニティはお部屋と同じマーガレット・ジョセフィンのシリーズと馬油シャンプーのシリーズが置いてありました。
IMG_20200321_053152
翌朝のお食事も夕ご飯と同じ小さな宴会場を貸し切りで。
朝食も地産地消のものが多くしっかりこだわった品々が並び、ご飯も炊きたてです。
IMG_20200321_073536

IMG_20200321_073530

IMG_20200321_073103

IMG_20200321_073106
のどぐろの干物は自分で焼く楽しみもあるし美味しくないはずがない。
IMG_20200321_073121

IMG_20200321_073818

IMG_20200321_073946

IMG_20200321_074718
ヨーグルトはマンゴーが隠れていてかけてあるのはアドベリーソース。子供用はソースで顔が書かれている点もこのホテルの心遣いが感じられて良いですね。
ちなみにアドベリーというのはボイズンベリーという珍しい品種を安曇川町が名産品にしようと栽培し名付けたブランドベリーです。
IMG_20200321_080734

IMG_20200321_080718
もう一度温泉に入ったあとはチェックアウト。
こちらもスムーズなだけでなくこのあとどこに行くかを聞かれたので近江神宮へ行ったあと琵琶湖のフェリーに乗ろうと思っていることを伝えたら10%OFFの割引券をもらえました。こうしたチェックアウト後のことまで気遣いができるのは素晴らしいです。
荷物は駐車場まで持ってくれましたしお見送りもしっかりしてくださいました。このあたりは温泉旅館の良さが息づいているホテルだと思いますね。
1泊夕朝食付きで3人で7万円ちょっとでしたが十分満足でき親も喜んでくれましたし子供も満足行ったようで良かったです。
ホテルとして普通に見ても室の良い多種多様な温泉と美味しいお料理、そしてしっかりとしたホスピタリティとかなりおすすめできるホテルだと思います。

サテ、チェックアウト後はまず近江神宮へ。
IMG_20200321_092753
IMG_20200321_092803_1
IMG_20200321_092910

IMG_20200321_093339

IMG_20200321_093456
IMG_20200321_093606
近江神宮限定のちはやふるおみくじ。ちなみに中吉でした。
IMG_20200321_094631

IMG_20200321_094835
入場無料の近江勧学館です。ここはコロナでも開館していました。
IMG_20200321_095328
中では、ちはやふるのグッズも販売しています。
IMG_20200321_095259
フォトスポットや様々な展示もあるのでファンならついでに寄っていくのがおすすめ。
IMG_20200321_095029
IMG_20200321_095139
IMG_20200321_095035

IMG_20200321_095214

IMG_20200321_095251
その後は大津港へ
IMG_20200321_112409
これがミシガンクルーズのフェリーです。食事付きと無しがあり無しでも館内のバーなどで軽食を購入することができます。
IMG_20200321_113345

IMG_20200321_113634
船長室前のフォトスポット
IMG_20200321_113722
館内は自由散策ですがメインのステージではちょっとしたショーや観光案内が行われます。
IMG_20200321_113851

IMG_20200321_114650
バーで購入した近江牛バーガー、ハーフサイズのポテト付きで800円です。
IMG_20200321_120101

IMG_20200321_122008
IMG_20200321_123411

IMG_20200321_124315
IMG_20200321_125741
ショーは長くはないですが歌とダンスで楽しませてくれます。80分のクルーズですがショーがあるため食事なしプランでも飽きることなく楽しめますよ。
この後は高速のサービスエリアに寄って休んだりしつつゆっくりと帰りました。

コロナでテーマパークや様々な観光施設が休園ですが、都会へ行かず普通の観光をゆっくりするなら外国人がいなく全体的に混雑も少ない今はおすすめなのかもしれませんね。
おごと温泉は初めてきたけど、のんびり楽しめたし琵琶湖も楽しめるし足をちょっと伸ばせば京都も行けるのでおすすめな観光地でした。

けいおんの聖地の豊郷もこの近くなので1人で来たなら寄りたいですね。また来ようっと。