今日宿泊するのは昨日オープンしたばかりの変なホテル東京浜松町です。
駅からはすぐですが少し路地に入っているため静かな立地でした。
IMG_0419

IMG_0423
変なホテルといえばこれ、フロントがロボットです。
舞浜などと違い恐竜ではないですが近未来感はあります。
IMG_0424

IMG_0426

チェックイン時にはこのロボットに言われるままにタッチパネルに宿泊者情報を打ち込んでいきます。
しかしメインのこの機能がやや使いにくく特にタッチペンで行うサインが非常に書きづらい。今までアンダーズなどホテルによってはサインがタブレット端末だったこともありましたがそちらはipadで、それでも書きにくいんですがここのものは一昔前のアンドロイドタブ的な書き心地で線が切れるし思ったところに書けないです。
IMG_0427

IMG_0425
手続きが終了すると隣の端末からルームキーとルームナンバーの紙が出てきてチェックイン終了です。
今回は事前支払いだったのでこれだけですが当日支払いの場合はここで先に会計もするみたいでした。
IMG_0432
フロント隣にいたロボット
IMG_0434
エレベーターはルームキーをタッチしないと動かないようになっています。
IMG_0440

IMG_0443
お部屋は13平米で正直狭いです。
IMG_0445
なのでクローゼットは壁掛け式
IMG_0446
IMG_0447
ベッドはダブルルームなので140冑で広めです。
ベッドマットは東洋紡と共同開発したオリジナル・マットレスらしいです。ポケットコイルではなくエアウィーヴのようなタイプ。やや硬めで毎日寝るには良いけどホテルに泊まった感はいまいちな感じがしました。
IMG_0450
TVは東芝の49型を壁掛けで。大きさは流石で狭い室内ということもあり十二分に大画面を楽しめます。クロームキャストもついていましたが使い方がわかりにくかったです。(TVに出る使用方法のヘルプが準備中だった)
IMG_0448

IMG_0453
IMG_0452
IMG_0451
貴重品入れもありました。
IMG_0456
丸くてかわいい椅子
IMG_0454
最近どこでも見るハンディー
IMG_0459
一応ダブルなので2人分のナイトシャツ、ワンピースタイプでした。
ベッドボードにはコンセントなどがしっかりあって最近のホテルらしいつくりです。
IMG_0462
IMG_0464
目玉の一つらしいLGstyler、LG社製のお掃除機能付きクローゼットロボットです。
IMG_0461
中はなかなかに近未来感。
IMG_0483
服を入れて起動させると動き出します。
結構な音と揺れがあり家にあると便利だけど狭い部屋にあると邪魔だしうるさいのが欠点。
50分くらいでリフレッシュできたらしく取り出してみると暖かくしわもある程度伸びています。ほこり取りと軽いアイロンのような効果。
もっと安くなって静かになってくればいいと思うけど今はまだ目新しいってだけですね。
IMG_0486
バスルームはごく普通のユニットバスです。
IMG_0466

IMG_0471

IMG_0470
タオルは2種が2つづつ
IMG_0472
バスタブは仕方ないけど狭い。足が延ばせない大きさですが深さはそこそこ。
IMG_0467

IMG_0475

バスアメニティはボン・ペルルのアロマエッセンスのボトルタイプ
IMG_0468
5階だったこともあり浜松町だし夜景は期待しちゃだめですね。
IMG_0513
変なホテル東京浜松町はほかの変なホテルと同じくロボット接客が目新しくネタになるホテルです。
他にも客室にLGスタイラー導入等新しいもの好きには良い設備がいろいろある反面、それ以外の部分はただのビジネスホテルであり、同価格帯ではもっと広いお部屋であったり快適な設備であったりなホテルがたくさんあります。
今回はGWだけどオープン記念で1万円というプランなのでこの値段ならいいと思いますが、他のプランなどを見ているとラックレートが強気な気がします。
面白さ、目新しさはあってもホテル本来の魅力がなくなってしまっては本末転倒な気もするのです。
変化する、変化していくホテルなので今後も様々な進化をしていくと思われるこの変なホテルシリーズですが個人的には普通のホテルでいいかな?って感想ですね。