私の参加するリアル脱出ゲームは基本アニメやゲームのコラボ、ってことで今回参加するのは映画も上映開始されたドラえもんコラボ 「のび太の宝島からの脱出」です。
mv_tit

場所は毎回恒例の原宿ヒミツキチオブスクラップ、原宿駅を出て表参道を下って5分ほどのローソンを曲がったちょい先にあります。

今回のストーリーは映画コラボなのですが映画の前日単のような位置づけで映画を見てないとダメってことはもちろんないので安心して参加してOKです。
それぞれのキャラクターや秘密道具の説明も書いてあるためドラえもんを全く知らなくても(そんな人は少ないと思いますが)参加できます。
ただ、コラボ作なのである程度は作品を知っていたほうが楽しめるのも間違いないと思いますよ。

そのストーリーは

宝島を目指して、大海原へと冒険に出たのび太たち。
しかし、その途中で謎の海賊に襲われ、ドラえもんが連れ去られてしまった!
ドラえもんを返す条件として海賊たちがつきつけてきたのは、
ある島のヒミツを解き明かし伝説の海賊キャプテン・キッドが残したという
お宝を見つけ出すこと。
「ぼくたちでドラえもんを助けなくちゃ……!」
のび太、しずか、ジャイアン、スネ夫、
4人の力を合わせて
全ての謎を解き明かし、ドラえもんを助けて
この島から脱出せよ!

今回の謎解きは4人でのチーム戦、でも4人で参加しなくてもスタッフが上手にチーム分けしてくれるので私のような一人でも十分楽しめました。

4人というところからもわかる通り今回の公演は参加者が登場するキャラをプレイするタイプ。その他大勢じゃなくとらわれたドラえもんをのび太・スネ夫・ジャイアン・しずかのキャラクターとなって謎を解いていきます。
そしてドラえもんコラボということもあり他のリアル脱出ゲームと比べて小学生位のお子様を連れた家族連れが多くみられました。
私のチームも小学生の子供を連れた家族3人とのチームでしたがしっかり楽しめました。

基本は机の上で謎解き、特定のポイントへ持っていきイベント、次の謎へといったパターンなのでよくあるリアル脱出ゲームの様に壁に貼ってあるヒントを写真で撮影して集めたりといったことがない為、小学校高学年くらいから十分に楽しめるようになっていました。

とはいってもSCRAPの謎解き、そこまで簡単ではないのですがSCRAP側も小学生くらいが参加することも想定済みでヒント集が各テーブルに用意されていて基本は見るかどうかチームで相談して、子供連れの場合はどんどん見て行くことを推奨です。といった配慮もしっかりされていました。

その他にも謎解き内やイベントなどに様々なギミックが用意されていて子供から大人までしっかり楽しめる良公演だと思います。まだまだ公演は行われているので春休みの思い出にもお勧めですよ。

あ、私のチームはラストまでいけたけど最後が解けないといういつものパターンでした。
脱出率20%だし楽しかったからいいよねっ。