今回宿泊したのは恵比寿にあるウェスティンホテル東京です。
恵比寿駅からスカイウォークという動く歩道を通って恵比寿ガーデンプレイスへ、その奥にある高級ホテルです。
駅からはやや遠いですが動く歩道があり地下からもアクセスできるので雨でも濡れずに行くことができます。今回はいいお天気でしたが。

恵比寿ガーデンプレイスは夜でもライトアップされていて華やかな雰囲気
DSC_2326

そしてウェスティンホテル東京、そこそこ年期は立っていますがしっかりとした風格です。
DSC_2329
DSC_2331
ロビーフロアは大きな大理石の柱や大階段などで豪華なつくり。ヨーロピアンクラシックなこのホテルの象徴的なエリアです。
DSC_2332

DSC_2335
ここがフロント、チェックインはSPG会員ということもあってサインするだけでスムーズ。
DSC_2336
エレベーターホールも流石に豪華です。
DSC_2338
客室階のエレベーターホールも良い雰囲気ですね。
DSC_2342

DSC_2344
今回は20階のお部屋がアサインされました。22階建てなので上層階ですね。
DSC_2345
お部屋に入るとこんな感じです。
DSC_2346
一番普通のタイプのお部屋ですが42平米で広々です。
DSC_2347
キングサイズのヘヴンリーベッドはウェスティンの代名詞。表面はふわっとしかししっかり支えるベッドは流石です。
DSC_2349

DSC_2393

ソファセット、
DSC_2348
TVは以前からリニューアルされていてソニーの48型になっていました。
下にはDVDプレーヤー、これは以前のままですね。そろそろBDにしたいところ。
DSC_2350
DSC_2351
このTV台下には浴衣とナイトシャツが入っていました。
DSC_2412
TVの後ろは壁掛けじゃないのでFireTV等持ってくればつなぐことが簡単にできます。
DVDはコンポジットでつながってますね。
DSC_2391

このクラスなのでネスプレッソも完備、フレーバーは2種類でした。
DSC_2372
DSC_2371

無料のミネラルウォーターはいろはすが2本
DSC_2352
冷蔵庫の中もぎっしり、しっかりエビスビールが入っていますw
DSC_2373
使わないけどミニバーも揃っています。
DSC_2375
DSC_2374
デスクも雰囲気が良いです。
DSC_2378
眺望はシティ側、東京らしい夜景が楽しめます。
DSC_2381

クローゼットもそこそこの広さ
DSC_2362
アイロンも完備
DSC_2364
スリッパは使い捨てのシンプルなものでした。
DSC_2363

お次はバスルーム、独立式でなくユニットバスですが大理石を多用したバスルームも流石に豪華。
DSC_2354
バスタブは足が延ばしてつかれるサイズでこのクラスのホテルらしい広さ、隣にはシャワーブースがありレインシャワー・ハンドシャワー共に完備。
DSC_2357
DSC_2359
ベイシン周りにはグラスのところにマウスウォッシュ
DSC_2356
バスアメニティーはウェスティン共通のホワイトティアロエ。
DSC_2428
リニューアルして良くなったみたいだけどデザインは以前のほうが良かったです。出にくかったけどw
ソープも形は同じ葉っぱデザインながら真っ白になって石鹸っぽくなっています。
シャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュ・ボディローションが一そろい
DSC_2355
シャワーブースにもシャンプーとコンディショナー
DSC_2360
その他のアメニティは黒いボックスに入っています。
DSC_2361
タオルはハンドタオルが3つ、で他のタオルは4つづつと十分にそろっているので何度もお風呂に入れます。
DSC_2365
DSC_2358
ドライヤーはコイズミ製、ちょっと安っぽい?
DSC_2366
トイレはドアの裏側に、以前は保温便座でなかったのですが今はしっかり保温付きでウォシュレット
DSC_2368
バスルームのドアには内側にしっかりバスローブがかかっています。これがいいんですよ。
生地は普通にタオル地ですがここにある雰囲気が大事。
DSC_2369
バスタブのところにもボディウォッシュとソープ。こういった必要な所に必要なものが置いてあるのは良いです。
DSC_2408
ウェスティンのボディウォッシュはバスジェルとして投入すると泡立ちが良いのです。
DSC_2426
泡ぶろ〜。やっぱり楽しいっ
DSC_2431
アメニティボックスに入っていたボディスポンジは広げてみるとこんな風になっていました。結構便利。
DSC_2482
お風呂にも入ったので次はディナー、これだけお部屋が広いからルームサービスでハンバーグステーキのセットを頼んでみました。
スープ・サラダ・ハンバーグ・ライスと付け合わせにフライドポテトがあって結構ボリューミー。
IMG_20180303_222525098
TVを見ながらディナータイムです。
DSC_2400
TVは置いてある台がスイングするのでベッドで寝っ転がりながら見ることもできますよっ。
ってことで、おやすみなさい〜
DSC_2447
翌朝も良い天気、まずは身だしなみを整えてから朝食に行きましょう。
ウェスティンホテル東京は朝食がロビーにある「ザ・テラス」のブッフェ・2階の日本食「舞」の和朝食(休日のみ)そして2年位前から始まったのが22階のフレンチレストラン「ビクターズ」での朝食です。今回は折角なのでビクターズに行ってみることにしました。
DSC_2452
ビクターズの朝食は7:30〜とやや遅めです。
DSC_2476
メニューはプリフィックスのセレブリティブレックファースト
DSC_2474
お席まで案内してもらいます。ホテルのメインダイニングだけあってなかなかに良い雰囲気ですね。
DSC_2455
DSC_2456
見える景色は東京を一望な眺め。
DSC_2458
これが朝食用のメニュー、セレブリティブレックファスト。
要は飲み物かヨーグルトをから一つ、パンをフレンチトーストかパンケーキかシリアルかパンの盛り合わせから一つ、メインを卵料理かステーキかホワイトオムレツかサラダから一つといったプリフィックスのコース料理ですね。
ステーキがあるあたりセントレジスの朝食と似てる部分もありますが卵料理がいろいろ選べたりベジタリアン用にサラダプレートがメインにあったりと様々なゲストに対応できるように工夫されています。
DSC_2457
ってことで最初はブルーベリーのスムージーをチョイス。シリアルバーが付け合わせでついて来ました。子のドリンクはおかわりできませんが紅茶かコーヒーはおかわり自由です。
DSC_2467
2品目はオレンジ風味のフレンチトースト、甘い中にオレンジの酸味と風味が効いているつけ汁に付け込んだ後焼き上げたフレンチトーストにフレッシュオレンジをトッピング。メープルソースをかけていただきます。
20180304_074835
メインはステーキ、朝からだけど赤身のミニッツステーキなので重くありません。
ソースはアルコールにアレルギーがあることを伝えた所、通常のソースでもアルコールは飛んでいると思いますが使用していないバルサミコソースはいかがでしょう?と提案してくれたのでバルサミコソースで。
付け合わせがフライドエッグとマッシュポテト、温野菜で朝食としてのボリュームは十分ですね。
20180304_075843
赤身肉ですがミニッツステーキですし質も悪くない為柔らかく簡単に切ることが出来ますし美味しかったです。
DSC_2472
朝からちょっと豪華な食事をした後は部屋で一休みした後はリアル脱出ゲームにお出かけです。
DSC_2479
でもちょっと時間があったのでウェスティンガーデンを散策。ホテル横に入り口があり、さほど広くはないですが手入れされたヨーロッパ風の庭園です。
DSC_2286

DSC_2287
DSC_2288

DSC_2289
DSC_2291
DSC_2292
梅が咲いていました。もう春ですね〜。
DSC_2294
DSC_2296
ってことでウェスティンホテル東京でした。

高級感はしっかりあってウェスティンらしいラグジュアリー感がある滞在を楽しむことが出来ました。
以前利用したときよりも設備もしっかり更新してあり非日常も楽しめるホテルですが欠点を上げるとしたら駅からスカイウォークがあってもやや遠いことでしょう。ただその立地を考慮してもたまに行きたくなる、そんなホテルでした。