なんだか東京来るたびにスカイツリー登ってる気がするけど今回も登っちゃいます。それは「マクロス BLUE MOON SHOW CASE IN TOKYO SKYTREE」が開催されてるから。

本当は夜に来たほうがロマンティックだしミニムービーの上映もあるんだけど夜はライブ行くから朝一で突貫ですっ。
スカイツリーって朝8時からオープンしてるのが良いですよね。他のイベントついでに行くのにピッタリ。
もちろん前売りチケット購入してるからスムーズに入場できます。
DSC_1291_R
今回は春のエレベーターでした。ルン金ピカだぁ!
DSC_1292_R
そしてさっさとと天望回廊へ向かいます。スカイツリーのコラボはいつも天望回廊がメインなので折角朝来たんだし混雑する前に上ってしまうのがポイントなんですよ。
天望回廊へのエレベーターは2基でそれぞれマクロスフロンティアとΔ仕様になっています。
行きに乗ったのがF仕様、2人の歌姫がこれでもかとラッピングされた知らない人が見たらびっくりしちゃうようなエレベーターです。
DSC_1301_R

DSC_1296_R

エレベーターを降りたところにあるのは今までンマクロス作品を流している映像ブース。アナログのころの作品はブラウン管で映しているのが芸が細かい。こうやってみるとマクロスだけでなくTVの変遷もわかるというもの。本当に最近のTVは薄く大きくなりました。
DSC_1305_R
DSC_1310_R

DSC_1303_R
DSC_1304_R
回廊には壁面に歴代マクロス作品の説明と主要キャラクターたちの展示。
DSC_1312_R

DSC_1314_R
DSC_1315_R
DSC_1316_R
DSC_1317_R
DSC_1318_R
DSC_1319_R
窓側にはその作品でのバルキリーの展示があります。
DSC_1324_R
DSC_1322_R

DSC_1327_R
DSC_1328_R

DSC_1329_R
DSC_1331_R
DSC_1336_R

DSC_1335_R
DSC_1332_R

DSC_1337_R
DSC_1338_R

DSC_1342_R


DSC_1340_R

DSC_1343_R
DSC_1344_R
DSC_1348_R
DSC_1349_R
DSC_1350_R

DSC_1347_R
DSC_1345_R

DSC_1355_R
DSC_1354_R

DSC_1356_R
DSC_1357_R
DSC_1358_R
DSC_1363_R
DSC_1364_R
DSC_1365_R
DSC_1366_R
DSC_1367_R

DSC_1362_R
DSC_1360_R
最後はマクロスシリーズの年表。
DSC_1369_R
その後のソラカラポイントへ行く前にショップがあり限定グッズなどが販売されています。
最新作のマクロスΔからVF-31J ジークフリード ハヤテ・インメルマン機の展示。
IMG_20180127_083547527_R
こちらじゃ初代マクロスのVF-1Sバルキリー。どちらもかなり精工にできていて迫力があります。
IMG_20180127_082838255_R
その後途中の回廊には原画やボックスアートなどの展示がありますがこれらは撮影禁止になっていました。
最上部のソラカラポイントにはスマホゲームの歌マクロスを大外面でプレイできる筐体が設置されていて羞恥プレイが楽しめます(オイ)
DSC_1387_R
ここからは帰りのエレベーターまでの下り回廊、マクロス関連グッズが展示されています。
DSC_1394_R
DSC_1399_R
DSC_1404_R
DSC_1406_R
帰りのエレベーターはΔのワルキューレ仕様の痛エレベーター。クールジャパンですね。
DSC_1419_R
DSC_1416_R
DSC_1414_R
と、降りてきた場所は345フロア、一つ下のフロア340へ向かいます。なぜかって?それはフロア340にはコラボカフェがあるからです。ここも毎回コラボで混雑するお店なので早めに来るのがポイント。こういったイベントの場合、天望回廊かこのカフェへ最初に行くのがおすすめですよっ。
まだ9時くらいなので全然空いてます。
でもお腹は空いていませんw
DSC_1422_R
DSC_1424_R
DSC_1435_R
店内から窓、テーブルまでマクロス仕様。
今回注文したのはコラボメニューのドリンク「ライオン」
マクロスフロンティアの2人の歌姫、ランカ・シェリルをイメージしたキウイとストロベリースムージーを使ったスムージースカッシュ。
炭酸水を注いで混ぜて自分でスムージーを作るようになっています。
IMG_20180127_085034587_R
IMG_20180127_091410_180_R
コラボメニューを注文するとコースターがランダムでもらえてスマホの歌マクロスアプリのARモードで読み込むことによってキャラクターが登場し歌を披露してくれるようになってます。うーんデカルチャーっ!
IMG_20180127_111846_995_R
他にも記念撮影用ARのコーナーにはフロンティアの2人の歌姫、ランカ・シェリルと記念写真が撮影できるARスポットがありこの壁紙のキャラを歌マクロスアプリで読み込むことによって記念撮影ができるようになっています。
IMG_20180127_093236640_R
IMG_20180127_093438253_R

Photo20180127_093636_R
Photo20180127_093544_R
おっと、忘れちゃいけないのがフロア内で自由にとれるように配布されているコラボイベントの案内パンフ。ここにもARが隠れていてΔのフレイア・ヴィオンちゃんが登場してしゃべってくれるようになっているので忘れずにゲットしましょう。
Photo20180127_111217_R
折角スカイツリー来たんだから一応外の絶景も。この日は澄んでいて富士山まできれいに見えました。
DSC_1400_R
DSC_1326_R

IMG_20180127_094139978_R
IMG_20180127_094835505_R
前売りのチケットでいただけるランダム色紙はフレイアちゃんとカナメちゃんでしたっ。
DSC_1459_R
DSC_1460_R
今回グッズで購入したのは東京スカイツリー☆マクロス刻印メダル シェリル×ランカ・フレイア×美雲
DSC_1801_R

本展示のイラストを使用した30僂療豕スカイツリー☆マクロス壁掛け時計。
あくリスで出来ていて見栄えもかなり良いですよっ。
DSC_1461_R
DSC_1810_R
東京スカイツリー☆マクロス かけスタ シェリル×ランカ
書いて消せるメモスタンドにもなるアクリルスタンドです。
DSC_1814_R
DSC_1815_R
ってことでスカイツリーとマクロスのコラボ、いかがでしたか?
始めてだったらスカイツリーに上るついでに楽しむもよし、マクロスファンとして上るもよしです。
全くアニメに興味がない人を連れてくると引いちゃうかもですが天望回廊のバルキリーは凄い良い出来なので必見ですよっ。
唯一の欠点はスマホアプリの歌マクロスがメインのスポンサーのせいかソラカラポイントがただのゲーム羞恥プレイ場所になっている事だけが残念でした。
しかし、歌マクロス自体は良いアプリですし無料でもそれなりに遊べてARももちろん無料で楽しめるのでお勧めです。
これからも遊びに行くときにコラボイベントがあればつい見に行っちゃうと思うのでどんどんやっちゃってくださいねっ。スカイツリーさんっ!