今回の東京遠征で泊まるホテルはここ、錦糸町に新しくできたマリオット系列のデザイナーズホテル・モクシー東京錦糸町です。
モクシーブランドはマリオットの中でもカジュアルで遊び心があるブランドです。

錦糸町駅から出て大きな通りを一つ渡り洋服の青山の角を曲がって少し行くと見えてきます。
徒歩5分程度なのでアクセスはなかなかに便利、目の前にはミニストップ、セブンイレブンなどがありファミリーマートも近くにありました。

この入口から見て凄くホテルっぽくない雰囲気です。
DSC_1119_R
中に入ると左手側にチェックイン・バー・ラウンジの表記。
ここではフロントではなくチェックインはバーで行うのです。
DSC_1120_R
チェックインがバーカウンターというのはなかなかに新鮮、でもよく考えてみるとファンタジー系RPGでもパブみたいなカウンターで宿泊手続きしたりするよなぁって考えるとこれが本来の形なのかも。

バーの中では陽気なスタッフが手続きしてくれます。
スタッフもホテルマンというより陽気なバーの兄ちゃん姉ちゃんって感じだったり陽気な黒人だったりと多国籍、宿泊ゲストも見ていると外国の方が多いようで、はたから見ていていい意味でここが日本とは思えない感覚になりました。

マリオット系列なのでモクシーでもゴールド会員の恩恵にあずかれます。
このホテルには部屋タイプはクイーンとツインのみなのでお部屋アップグレードなどはありませんが朝食の無料券がいただけるのは十分なメリットだと思います。
あと、16時までのレイトチェックアウトも出来るのも嬉しいですね。

ちなみに通常でも12:00チェックアウトと遅めな設定なので便利だと思います。

チェックインするゲストはウェルカムドリンクがいただけるということで私はアルコールがダメなのでノンアルコールのカクテルを作ってもらいました。グラスにたっぷりです。

ちなみにこのカフェバーは24時間営業で暇なときに気軽に立ち寄れるようになっています。
DSC_1124_R
カードキーを受け取りエレベーターホールへ。
エレベーターは3基でこの規模なら十分な数です。
DSC_1132_R
奥のガラスにはなかなかのセンスな落書き。
DSC_1133_R
エレベーターの中の鏡もこの通り、イカす!
見て分かるように金・土曜の夜にはDJタイムがあるみたいです。凄いホテルだ!
エレベーターはカードキーをかざさないと動かないようになっているのでセキュリティはしっかりしています。
DSC_1135_R

DSC_1283_R

今回は6階のお部屋でした。まるでマンションみたいなデザインの廊下とドア。
DSC_1285_R

この扉、ぱっと見中で電気がついているように見えますが実際は内側に窓はなく廊下の灯が反射してそう見えるようになっているデザインなんです。
DSC_1143_R
カードキーもおしゃれでしょ?
DSC_1286_R

お部屋はこんな感じ、17平米のクイーンルームです。そこそこの広さと160僂離轡皀鵐坤戰奪匹覆里能淑。
DSC_1144_R
ベッドサイドは広く木製の床に絨毯がひいてありレザーチェアが置いてありました。
DSC_1159_R

サイドテーブルには電源がありUSB端子もしっかり完備されています。
DSC_1164_R

DSC_1180_R
無料のミネラルウォーターはアイスフィールドが2本、オタマトーンが飾られていたりと面白い。
DSC_1184_R
ベッドサイドのルームライト管理のパネルにも電源があり充電するのにコンセントが不足するということはないと思います。
DSC_1181_R
面白いのはこれ、壁掛け式のクローゼットにはハンガーだけでなくテーブルやいすもかけてあり必要なら自分で卸して使ってねというスタイル。
DSC_1158_R
枕も十分でクッションもイカしてる。
DSC_1173_R
当初はナイトシャツなどがなかったらしいですが今はリクエストを受けてチェックイン時にフロントで渡してくれるスタイルになりました。ワッフル地のワンピースタイプです。
DSC_1172_R
窓の外は首都高、こっち側は車の音がちょっとうるさいですね。
DSC_1165_R

DSC_1179_R
テレビはシャープの50インチを壁掛けで。このサイズのお部屋には十分すぎる大きさです。
つけると最初にホテルの案内ではなくあのイかれたPVが流れるチャンネルになっていますw
IMG_20180126_223611085_R
IMG_20180126_223641480_R
バスルームはこちら、ここもマンションのようなモノトーン風のデザイン。
小物のショッキングピンクが差し色になっていてデザイン性のある雰囲気。
DSC_1145_R

DSC_1154_R
グラスは安っぽいプラでなくガラス製なのも良いです。
DSC_1153_R
アメニティ類はこの入れ物に入っています。
爪やすりまで入っていて一通りそろっています。ヘアゴムがピンクなのもこのホテルの雰囲気通り統一感がありますね。
DSC_1152_R
このピンクのドライヤーはヴィダルサスーン。
DSC_1151_R
タオルの掛け方もデザインホテルならでは
DSC_1155_R
保温便座でもちろんウォシュレットです。
DSC_1157_R
開業当初はなかったらしいスリッパも完備されるようになっていました。
開業からまだ2月くらいですがゲストの声を聴き変化していくのは良いホテルの証拠だと思います。
DSC_1175_R

このホテルはバスタブはなく全室シャワーブースです。白いタイルに黒のシャワーが映えますね。
DSC_1146_R
バスチェアがあるのも嬉しい所。
DSC_1147_R
レインシャワーとハンドシャワーがあり湯の勢いも十分でした。
DSC_1149_R
DSC_1150_R
バスアメニティはリンスインシャンプーとボディソープ。ホテルオリジナルのピンクボトルに入っています。
DSC_1148_R


お部屋を一通り見たのでお次は再び1階のロビーへ。
ロビー階にあるこのマーク、トイレなんですよ。
DSC_1196_R
男性女性のマークも笑わせてくれるデザイン
DSC_1193_R
トイレの鏡にも落書きがありました。
DSC_1194_R
バーでは軽食も販売しています。
DSC_1212_R
バーカウンターから奥に入ったところにはテーブル席。色々なものが販売されています。
DSC_1210_R
アルコールやソフトドリンク
IMG_20180126_172949601_R
ちょっとしたおつまみ
IMG_20180126_172944614_R
アイスクリームや冷凍のスープ。近くには電子レンジもしっかりあります。
IMG_20180126_172938015_R
ヌードルコーナーでは様々なカップ麺が販売されています。
IMG_20180126_172902265_HDR_R

IMG_20180126_172921932_R
IMG_20180126_172926341_R
IMG_20180126_172929858_R
ラーメンに加えるトッピングはご自由に
IMG_20180126_172907593_R
IMG_20180126_172914531_R
フルーツやボトリングされたサラダなど
DSC_1209_R

カウンターでナンピザとグレープフルーツジュースを注文してみました。
冷凍をオーブンで焼いてマヨネーズをかけるだけのシンプルな料理ですがこのホテルの雰囲気敵にちょうど良いスタイルだと思います。
24時間やっているためルームサービスもないしお部屋に冷蔵庫もないけどここで楽しんでねってことですね。
DSC_1219_R
カウンターの隅には懐かしのブラウン管TVとファミコン。もちろん自由に遊んでOKです。
このレトロ感が今の時代には新鮮ですね。
DSC_1131_R

DSC_1222_R

DSC_1227_R

DSC_1130_R
一応バーのメニュー表
DSC_1129_R
ホテル入り口から左手側はちょっと落ち着きたい方用?ライブラリーの本は自由に読んでOK。
ソファなどでくつろいだりジェンガで遊んだりできます。
DSC_1272_R
DSC_1276_R
いたるところにある小物がイかしてます。
DSC_1278_R

DSC_1229_R
ダミーの暖炉。ライトアップと蒸気でそれっぽく見えるようになってます。加湿器も兼ねているのかも?
DSC_1230_R
ライブラリー近くの長テーブルにはコンセントも有り、バーでコーヒーなどを購入してこちらでPCを使うのもありですね。もちろん無料の無線LANもありました。
DSC_1279_R

DSC_1232_R
DSC_1233_R
DSC_1234_R
DSC_1235_R
半個室っぽくなってるところにはソファとテーブルが、夜見たら外国の若いゲストカップルがいちゃついていましたw
DSC_1236_R
そうそう、フロントがバーなこともあってチェックイン前や後の荷物はこのロッカーに預けるようになってるみたいでした。ダイヤル設定式です。
DSC_1240_R
レンタルバイクもあり錦糸町なのでここから浅草やスカイツリー付近へ遊びに行くにも便利そうですね。今の時期は寒いけど。
DSC_1241_R
リスアニライブから帰ってきてホテルへ。ピンクのネオンがちょっといかがわしいホテルっぽいw
DSC_1242_R
DJタイムだったのでバーカウンターでオレンジジュースを注文して一休みです。
金曜夜だし踊ったりする人はいないけどDJのトリックプレイを聞きながら休んでいると外国に来たみたいな気分にさせられます。
IMG_ajjgt7_R
その後はお部屋へ戻ってシャワーを浴びた後TVを見つつ今日はお休みです。
DSC_1250_R
翌朝の朝食ももちろんカフェバーで提供されています。
奥のヌードルバーがあったところでモーニングプレート・とんこつラーメン・ベジタブルカレーから一つ選びあとはちょっとしたブッフェというスタイル。
カレーがNomeatな所もベジタリアンな外国のゲストにしっかり配慮してあるメニューだと思いました。
DSC_1256_R
注文をするとフードコートみたいなお知らせブザーが渡され出来次第なる仕組みです。
折角なので今回はとんこつラーメンを注文してみました。
トッピングも自由にできます。
DSC_1257_R

DSC_1258_R
ハーフブッフェはベーカリー類
DSC_1259_R
DSC_1260_R

DSC_1261_R
ソフトドリンクやコーヒー紅茶など
DSC_1262_R
DSC_1263_R

DSC_1264_R
フルーツ、ボトルサラダ、チーズ、ヨーグルト、シリアル等とそろっていてメイン料理+これなので十分だと思います。
DSC_1267_R
で、こんな感じになりました。ホテルで朝からとんこつラーメンって初めてですw
DSC_1269_R
ラーメンはチャーシュー、蒸し鶏、しめじ、コーン、白菜、メンマと具沢山。あっさりめのとんこつでスガキヤみたいな味といえばわかりやすいかも。
箸がピンクなのもこだわりの色使いですね。こういった細部まで統一感があるのは流石です。
DSC_1270_R

DSC_1271_R
その後、スカイツリーに遊びに行ったりしつつレイトチェックアウトのおかげでちょっと遅め間でゆっくり休んでからチェックアウトです。

モクシー東京錦糸町はアクセスのよい立地、ただし繁華街でラブホ街がそばにありやや治安的な雰囲気はアレなのでファミリー層には向かないですがアットホームでまるで他の国の友人宅に遊びに行ったような雰囲気が味わえる良いホテルだと思いました。

マリオットホテルと思い宿泊するゲストには不評かもしれませんが、この緩めで楽しく外国語が飛び交うこの雰囲気はここでしか味わえないものでもあり、お部屋も他とは一風変わったデザイン性でバスタブはないものの快適、ただしやや外の騒音はアリですが、また遊びに来たいと思わせるそんなホテルでした。

個人的にはかなり好きです。この感じ。