今回宿泊するのは1年ほどかけて大規模改装し今年4月にリニューアルオープンした東京プリンスホテル。
前の東京オリンピックの時に出来たホテルだけあって当初は高級ホテル、その後パークタワーができた辺りでビジネスホテルに近い営業形態になっていました。
それでも流石に過去のフラッグシップ、パークタワーと並んで東京タワーのすぐ近くという立地は素晴らしいです。
今回の大規模改装でどれくらい変わったのでしょう。
外見は綺麗になっているもののもとの建物自体が古いのでどこか懐かしい佇まい。
IMG_20170507_083045556_R
一歩足を踏み入れるとロビーはかなりモダンな空間に生まれ変わっていました。
天井高が低いのだけはどうしようもありませんが最近のハイクラスビジネスホテルなどとは一線を画したデザインの空間です。
DSC06933_R

DSC06930_R

チェックインはスムーズに行われ、お部屋までの案内もありました。
今回のお部屋は低層階の4階です。最上階にはクラブフロアも新設されたのですがクラブフロアは高輪リニューアルで体験してきたしほかの方もクラブフロアの宿泊レポが一番上がると思うのであえて外してみました。
廊下はカーペットなど内装が綺麗になっていて廊下の照明も豪華です。
DSC06975_R
お部屋は417号室、SUITEって書いてあるでしょ。そう、折角だから今日はスイートルームにお泊りです。
このホテル、スイートルームは下層階にエグゼクティブ・レジデンシャル・プリンセスの3種類があり最上階にはロイヤルスイートがあるみたいでした。
今回はその中のプリンセススイートルームを選択してみました。
このプリンセススイートだけベッドがキングサイズなんですもん。ほかのお部屋はツインルーム仕様、一人でならやっぱりキングサイズっしょ。
IMG_20170506_171959561_R

お部屋はリビングとベッドルームの構成で59.4屐⊆命燭任魯リーム色っぽいですが白を基調にしたお部屋です。
DSC06934_R
内装は一通り手が加えてある感じでふかふかのじゅうたんやソファ類も新しくなっているみたいでした。ソファは外装張替えかも?
テーブルなどは以前のままのものもあり昔のプリンスの面影も残っています。
DSC06940_R

DSC07206_R
DSC07207_R
ネスプレッソや無料のお茶など一通りそろっていますがなぜかミネラルウォーターはありませんでした。
機械に水も入っていなかったし水道水かミネラルウォーターを買って来いってこと?
DSC06937_R
大きな棚の中にシンプルなグラスが2つだけ、うーん、もうちょっと何とかなりませんかね?見栄えが悪いというか寂しい。
DSC06971_R
冷蔵庫も空っぽです。館内にコンビニがあるから問題はないですが。
DSC06972_R
基本的なつくりは手を加えてないため中央の部屋を分けている壁の家具は手入れされてはいるものの長年の傷が多数ありました。
DSC07208_R
お隣のベッドルーム、キングサイズのベッドはベッドボードから一新されていて綺麗で寝心地も良いです。ただ以前のプリンセスっぽさがまったくないベッドボードデザインなのが残念。
サイドにあるソファも新しくなっていてくつろぐ場合にも便利。
DSC06944_R
枕は固めのとフカットしたホテル枕、棒枕が2つづつ。
DSC07211_R
ベッドサイドのテーブルは以前のまま、携帯用の電源ケーブルが置いてありましたが近くにコンセントがないのも残念。このリニューアルでこのお部屋は電源などは手を加えてないみたいです。
DSC06967_R

DSC06945_R
リビングとの敷居になってる壁兼タンス、これがこのお部屋のポイントなんだけど折角のタンスも入っていたのがナイトシャツだけ、スイートならバスローブくらいほしいなぁ・・・
DSC06946_R
液晶テレビはベッドルームが32型、リビングが43型でパナソニック製。仕方ないけどこのお部屋にあまりマッチしてなくてとりあえずおいてみました感が強い。
TVをつけるとホテル案内や無線LANのパスワードが表示されました。
DSC06947_R
化粧台のライト、細部の意匠はかつてのフラッグシップのスイートっぽさが感じられます。
DSC07240_R
空調も古いままでした。この辺りは高輪のリニューアルも同じだったのですが改装しにくいんでしょうね。
DSC07241_R

ベッドルーム奥にはクローゼットとバスルーム、そして廊下への扉がこちら側にもありました。
DSC06950_R
クローゼットは観音開きの扉2つ分で広いですがやや殺風景、スリッパも普通のビジホレベル
DSC06960_R
DSC06962_R
お次はバスルームミラーなどは手を加えてありますがレイアウトや設備は以前のままみたい。トイレは新しくなっていました。
DSC06951_R
古く中にも結構な年季の傷が入っていますが足を延ばせる広さともたれられる傾斜があり、逆にこの時代にこれだけの広さのバスタブを入れていたのは豪華だったんだと思います。
DSC06956_R
タオルは3種が2つづつ
DSC06955_R

DSC06954_R
バスアメニティアロマエッセのバスジェルとエラバシェのシャンプー・トリートメント・ボディソープ。
以前にパークタワーでスイート用アメニティもエラバシェだったのでたぶん共通でスイート用ブランドだと思います。エラバシェは日本製でした。ブランド名で作らせているバスアメニティ類ってハイブランドでも中国製とかあるので国産でちょっと良かったです。
シャンプーはきめ細かな泡立ちでキュッとした洗い上がり、コンディショナーでなくトリートメントなのは流石です。
DSC06957_R
バスルームの照明がやけに豪華でしたw
DSC06965_R
いったんホテルからお出かけして再び帰ってきました。
東京タワーのライトアップが綺麗です。
DSC07153_R

ディナーはまだだったのでどこにしようか思案、昔はやっていたルームサービスがビジネスホテルクラスになってから廃止されて綺麗にリニューアル後も残念ながら復活は無しだったので広いお部屋でゆっくりとってわけにはいかなかったしコンビニじゃ面白くないしね。
で、折角だから今回新たに作られたカフェ&バー「タワービューテラス」に行ってみました。
ブッフェレストラン「ポルト」から見えていた空中庭園を新たに整備して作られたこのタワービューテラス、ポルト入り口でタワービューテラスを使いたいと伝えると案内してもらえます。
外気に触れる開放的なテラス席は幻想的なムードたっぷり。
薄暗い中にぼぅっと光る照明、周りの緑と都会の喧騒から離れた空間です。
DSC07160_R

DSC07165_R
何より目の前に見えるこの東京タワー!ここでしか楽しめないロケーションでしょ。
DSC07161_R

ウェイターのサービスもスマートでプリンスとは思えない(失礼)
メニューは軽食とドリンクなどバーメニューですがこの雰囲気の中だとこれで十分。
今回はクランべリードリンクとシェフのお任せパスタを注文。

まずは東京タワー見ながら乾杯。
DSC07168_R
パスタはカルボナーラ風ペンネでした。
お任せパスタで無難なのが出てくるんじゃなくちょっとおしゃれなペンネが出てくるってのが良いです。
DSC07173_R
暖かくなってきたとはいえ夜風が吹くとちょっと肌寒いですが静かなこの空間で東京タワーも眺めながらのディナーは最高でした。
DSC07177_R
お部屋に戻ったらバスタイム。ちょっと冷えたしねっ。
折角あるんだしバスジェル使っちゃいましょー。バスタブに投入してからお湯をじゃーっと、
DSC07275_R
で、こうなります。あわぶろあわぶろー、アロマエッセだけあって香りも良かったですよっ
DSC07283_R
あとはリビングでTV見たりとごろごろして今日は就寝、明日はゆゆ式とViVid☆Partyです。
DSC07256_R
翌朝の風景、開けている場所だけどタワー型ホテルじゃないからこんなものでしょ。
DSC07262_R
改装して綺麗になった東京プリンスホテルですが今回のプリンセススイートは広さは十分ですが面白味は少なく最近の設備と過去の設備がちぐはぐで統一感がない、折角の広さでもルームサービスなどが無いので生かせない。などスイートルームっぽい特別感が味わえないのが残念。
ただ逆に中ががらっと変わってないため以前のプリンスホテルの感じが残っているお部屋でもあると思いました。
全体的には悪くないけどスイート泊まるお金があれば大規模に改装されているであろうクラブフロアのほうが面白いかもしれませんね。クラブラウンジも使えますし。

あと、タワービューテラスは当然宿泊者以外でも利用できるので手軽にロマンチックなデートをしたいときなんかにはお勧めですよっ。