今回遠征帰りに名古屋で宿泊したのはホテルトラスティ名古屋白川、去年の6月にサンホテル名古屋ヴィア白川から1年近くかけて全面改装しリブランドした新築ではないけど新しいビジネスホテルです。
運営はリゾートトラストでお台場にもトラスティ東京ベイサイドや会員制のベイコート俱楽部があるので知ってる方も多いブランドだと思います。

立地は名古屋駅から地下鉄で一駅の伏見駅から徒歩5分ほどで悪くない立地に見えますが伏見駅内で少し歩かなくてはいけないため(東京の駅ほどじゃないですが)数値以上に歩く感じがしました。

外見からしてビジネスホテルに見えない豪華な雰囲気はちょっとびっくり
DSC06532_R
ホテルフロントはこのエレベーターを昇った先になります。
DSC06534_R

DSC06538_R
フロントは小さいものの豪華で下手なシティホテルよりも見栄えがします。
奥のフロアと床の違いがどこから改装したのかわかりますね。奥部分にはカフェやレストランなどが入っていました。
フロントの対応もやや硬い感じがするもののこのクラスとは思えないレベルで良好でした。
DSC06542_R
DSC06541_R
エレベーターは2基で宿泊する階にはカードキーをかざさないといけない仕様なのでセキュリティ的にもしっかりしています。
DSC06540_R
ルームナンバーも光っていてなかなかモダンでいい雰囲気、今回は5階のお部屋がアサインされました。
DSC06551_R
DSC06554_R
今回のお部屋はスタンダードダブルルームで24平米位と広めです。
ホワイトとダークブラウンなモノトーンのような色使いでモダンな雰囲気は最近のホテルといってもビジネスホテルの域を超えている質感。一泊5000円くらいのホテルには見えません。
DSC06555_R
ベッド幅は180僂離イーンサイズなダブルベッド、ベッドマット、シーツの質も良好。
枕はフカットした柔らかいタイプと低反発のようなやや硬いタイプが2つづつにクッションという充実っぷり
DSC06556_R
液晶TVはレグザの40型で十分な大きさ
DSC06557_R
テーブルやソファも素晴らしくビジネス利用にも十分使える広さのテーブルとクッションまでついたソファ。
DSC06558_R
無料のお茶類はシンプルながらグラスとカップがそろっていてコンビニなどで飲み物を買ってきても注いでホテルらしい雰囲気でくつろげます。
DSC06578_R
DSC06579_R
冷蔵庫の中は少ないもののビジネスホテルには珍しい有料のドリンク。
DSC06580_R
ベッドサイドには照明などのコントロールパネルとコンセント、コンセントは逆サイドにも備え付けてあり便利。
DSC06586_R
ベッドボード両脇のライトは独立して調光できました。
DSC06591_R
ただし今回は5階だし眺めは期待しちゃだめで窓を開けると隣の建物から丸見え。名古屋のホテルはどこもタワー型でない限り低層階だとこんなものです。
DSC06585_R
ナイトシャツはパイル生地のワンピースタイプでした。
DSC06594_R
DSC06595_R
デスクには折り畳み式のミラーも完備。コンセントも2つあり有線LANもあります。
DSC06600_R
DSC06601_R
TVをつけるとホテルの案内からスタート、ここでは館内の案内やWi-Fiのパスワードなどが表示されます。有料のVODも完備されていますね。
DSC06607_R
クローゼットはハンガーを最近多い平行にかけるタイプでスペースの節約に一役買っています。
リセッシュも置いてありました。
DSC06565_R
スリッパはホテルロゴ入りの再利用するタイプ、製造済みを表す袋に入っているので清潔感は高いです。
DSC06593_R
エアコンもサンホテル時代から一新し最新のものに。リノベーションしても空調部分は古いままなホテルが多い中しっかり新しくなっているのは素晴らしいです。
DSC06567_R
お次はバスルーム、標準的な広さとレイアウトで使いやすく壁からバスタブから全面的にリニューアルされているため綺麗です。床のタイル部だけは以前のままに見えました。
DSC06568_R
アメニティはホテルロゴ入りで標準的な品ぞろえ
DSC06570_R
バスタブは片面が傾斜していてゆっくり寝そべることができるタイプで十分な広さです。
DSC06569_R
バスアメニティはペリカン石鹸のトリプルC
DSC06571_R
タオルは3種がひとつづつ、ハンドタオルの置き方がおしゃれです。
DSC06573_R
DSC06575_R
ベイシンも最近よくあるタイプで使いやすい、ただわずかに水平が取れてないみたいで蛇口横のスペースにコップを置くとちょっとずつずれてきて落ちてしまいました。
DSC06577_R
夜に到着したのでさっと寝て翌朝、朝食付きプランにしたので朝食会場のローズルーム名古屋へ
朝食は7:00〜でブッフェでなくセットメニューなスタイル。
洋食セットは1200円でカレーと和朝食の場合は1500円らしいです。
IMG_20170327_070026_R
レストランのあるロビー階に下りていくとラウンジっぽいカフェがあいていて朝食はこっちかと思いきやもうちょっと奥にあるお店でした。
このローズルーム、大層な名前だと思ったらフランス料理のお店らしく狭く高級感の漂う入り口でびっくり。
IMG_20170327_070033_R
IMG_20170327_070043_R
案内されたのはパーテーションで半個室になったテーブル、シャンデリアも雰囲気があります。
ドリンクはセルフサービスのフリードリンクでした。
IMG_20170327_070239_R

IMG_20170327_070244_R
ドリンクコーナーにあったピッチャーに入ったオレンジジュースはやや酸味が強くフレッシュな感じで市販品のだとしても良いものに感じました。
IMG_20170327_070251_R
暖かいベーカリーは食パン・ライ麦パン・黒ゴマパンで柔らかく、ミネストローネはコンキリエ(シェル型パスタ)が入っていました。
サラダは新鮮な野菜にスモークサーモンとベーコンがトッピングされていてドレッシングとチーズが振りかけてあり美味しかったです。
デザートはシリアル入りのヨーグルト、オレンジソースがかけられていました。
フレンチのお店だけあってコースからメインを除いたような品でどれも丁寧な仕事のお料理でした。
全体的な量は一般男性だと少なく感じるかもしれないくらいの量、小食な私にはちょうど良かったです。
IMG_20170327_071207_R
東京から戻ってきて基本的に寝るだけで早朝出発なので短い滞在でしたがハイクラスで無いビジネスホテルぐらいのお値段でこれだけのクオリティなのは素晴らしいですね。
近くにはファミマ・セブンイレブンがありホテルのある建物内にもいくつかの飲食店が並ぶので食事は安心、立地も名駅・栄の中間点の伏見なので観光やショッピングに便利で名古屋科学館なども徒歩圏内なのでリーズナブル、でもちょっとおしゃれなホテルをという人にはかなりおすすめですよっ。