今回の遠征に選んだホテルは水天宮にある老舗、ロイヤルパークホテル。
選んだ一番の理由はリスアニライブのある九段下とりぼんコラボのスカイツリーのある押上に行きやすいから。
なんといってもこのホテルは半蔵門線の水天宮前駅直結なんです。
流石に三越前のマンダリンは予算オーバーだしねw
DSC_0938_R
老舗のお約束、ショッピングアーケードもあります。
DSC_0939_R

DSC_0942_R
ロビー階には天の川みたいなシャンデリア、このシャンデリアを見ればロイヤルパークって一目でわかるインパクトです。
DSC_0944_R

DSC_0945_R
まずはランチ代わりにロビーにあるフォンテーヌでティータイム。
いつもみたいにアフタヌーンティーでも良かったけど目についちゃったのがこれ、スフレパンケーキセット!
オーダーしてから作るので20分くらいかかりますがふわっふわのパンケーキでのティータイムはふわふわ時間。
紅茶かコーヒーがセットで紅茶はおかわり無料でした。
DSC_0642_R
ソースはマンゴーとストロベリーから選べます。今回は時期的にストロベリーを選んでみました。
DSC_0644_R
丸ごとイチゴのはいったストロベリーソースをかけてふわふわで温かいパンケーキを頂きます。
DSC_0649_R
今回のお部屋はロイヤルスイート〜
DSC_0792_R
・・・の隣のエグゼクティブツインですw
カードキーでなくずしりと重みのある鍵は老舗ならでは。
IMG_20170129_080045_R
26平米でそこそこの広さのお部屋、清掃状体もよく悪くない。
こういった老舗の欠点のベッドサイドのコンセントの無さは延長のマルチタップがベッドサイドテーブルに伸ばしてあり、簡易的ながらも最近の需要に答えた形で使いやすくする工夫が◯
その反面、部屋にあるプラズマクラスター加湿器がルームライトのコンセントからタップでとられていてルームライトを消すと一緒に電源OFFになるという気の利かなさが残念。
DSC_0658_R
液晶TVは26インチと今となってはあまりにも小さいと言わざるをえない大きさです。
TVは備え付けのワイヤレス(赤外線)キーボードで操作できネットも見えるのがちょっと面白いけどスマホ全盛期の今では微妙、そう言えば汐留のロイヤルパークもこんなのあったなぁ。
DSC_0659_R
冷蔵庫の中やミニバーはそこそこ充実、クラスなりのクオリティ。
DSC_0660_R
DSC_0661_R
無料のお茶は安っぽいけどロイヤルパークオリジナルのミネラルウォーター2本は嬉しい。
DSC_0662_R
クローゼットも十分なサイズ、上の棚にはバスローブも完備されていました。
スリッパはフカフカでロイヤルパークの刺繍入りの使い捨てタイプ。
DSC_0663_R
DSC_0665_R
バスルームは広めのユニット、全体的に古さは有るものの元がいいのとスペースをしっかり取ってるので面白みはないけど使いやすいです。
DSC_0666_R
使用済みのタオルなどを入れておく籠は便利、これはどのホテルにも有ると良いんだけどなぁ
DSC_0969_R
ヘルスメーターもありました。
DSC_0970_R
旧式だけど十分足も伸ばせてリラックスできるバスタブ。
DSC_0654_R
タオルは3種が2つづつと標準的、肌触りは悪くなかったです。
DSC_0655_R
DSC_0657_R
有ると嬉しいアメニティのマウスウォッシュ。
DSC_0656_R
バスアメニティはコーセーのホテルオリジナルでシャンプー・コンディショナー・シャワージェル・ボディローション。
アメニティポーチの中には串や爪切り・コットンなどが収納、以前はここにソーイングセットも入ってたけど無くなっててランクダウン。
あと、エグゼクティブフロア用アメニティでスティック型消臭スプレーがついていました。
アメニティ類は全てホテルロゴ入り(マウスウォッシュ除く)なあたりは流石。
DSC_0653_R
リスアニライブから帰ってきたけど当然ディナーはまだ、この周辺にもいくつも食事できるところはあるけど疲れたしルームサービスを注文。
チョイスしたのは舌平目の照り焼き丼、あまり見かけないメニューだから気になっちゃった。
御飯の上に肉厚の舌平目が2枚乗っていて甘辛いタレがかかっていますサラダとゴーヤの天ぷら、かいわれ大根のトッピングで十分のボリュームと味に定評のあるロイヤルパークらしいしっかりとしたお味でした。
届けてくれたボーイさんはかなりのベテランの方っぽくてスマートで饒舌、この部屋のは眺めがかなりよく東京タワーの話などをしてくれました。こういったゲストとの会話をスマートにこなせるホテルマンは久しぶりで楽しかったです。
DSC_0688_R
因みにその夜景はこんな感じ、東京タワー中央に見えてこれぞ東京。
DSC_0667_R
ナイトシャツはワンピースタイプ、ゆっくりバスタイムです。
DSC_0689_R

お休みなさい。
DSC_0734_R
朝の景色
DSC_0784_R
朝はロイヤルフィットネスクラブへ
IMG_20170129_071918_R
IMG_20170129_071907_R
広いプールとジャグジーバス、サウナが完備されていてエグゼクティブフロア宿泊だと無料で利用できるのが嬉しいですね。
プールなどは撮影禁止だったので写真はないけど全体的に古さは感じるもののかなりしっかりお金をかけている作りで老舗ならではの快適さがありました。
ジャグジーバスの洗い場にあったシャンプー類はフィト&ローズシリーズ。

休憩できるリラクゼーションルーム、セルフサービスの水とお茶、超音波の眼鏡洗浄機は珍しいです。
新聞などを読みながら一休みできますよ。
IMG_20170129_071731_R
IMG_20170129_071737_R
その後はエグゼクティブラウンジで朝食を頂きます。

IMG_20170129_075903_R
スマホでちょっとブレちゃってたけどラウンジの無料朝食としてはかなり豊富な品揃え。スタッフもキビキビとしていて挨拶も気持ち良いです。
IMG_20170129_072908_R
IMG_20170129_072911_R
IMG_20170129_072951_R
エッグステーションもしっかりあってオーダーオムレツなどが楽しめます。
IMG_20170129_073013_R

IMG_20170129_073009_R

IMG_20170129_075519_R
IMG_20170129_075531_R
IMG_20170129_075536_R
和食は少ないものの人形町の卵焼きの銘店「鳥近の玉子焼き」がブッフェに有るのが凄い。
IMG_20170129_075556_R

IMG_20170129_073334_R
IMG_20170129_075702_R
食後はスカイツリーの250万乙女のときめき回廊へ

そしてお昼くらいに戻ってきてエグゼクティブラウンジで一休み。
エグゼクティブフロア特典で15時までのレイトチェックアウトが無料でお願いでき頼んであるので余裕があるんです。
IMG_20170129_140240_R

IMG_20170129_122920_R
ここのエグゼクティブラウンジは11時から17時までがティータイムサービスでソフトドリンクやプチペストリー、小菓子がセルフサービスでいただけるのが嬉しい。特にお昼頃は空いているのでゆっくり高層階からの眺めを堪能しつつティータイムが楽しめます。
IMG_20170129_121509_R
IMG_20170129_121512_R
IMG_20170129_121517_R
IMG_20170129_121523_R

IMG_20170129_121632_R

IMG_20170129_123049_R

IMG_20170129_123441_R

チェックアウトの手続きもこのラウンジで座りながら手続きができて流石エグゼクティブフロアと言ったおもてなしが感じられました。
IMG_20170129_140248_R
豪華さや備品などは最近のホテルには及びませんが老舗ならではのしっかりとしたサービスが根本に有り立地も良いので東京観光の拠点にもオススメできる安定感の高いホテルでした。