今回は、リアル脱出ゲーム×アニメ逆転裁判『霊媒村殺人事件』 〜蘇る死者のキオク〜に挑戦してきました。
場所は恒例の原宿ヒミツキチオブスクラップ。
ここのおかげで今まで縁のなかった原宿へよく行くようになりましたw
IMG_20160827_104655_R

IMG_20160827_105005_R
今回の事件のストーリーはこちら

世界的に有名な「霊媒師の集う村」で殺人事件が起きる。
すべての証拠品はある一人の人物の犯行を指し示しており、容疑者本人も自身の罪を認めていた。
だが、たった一人だけ、容疑者の犯行を否定する人物がいた。
それはなんと、霊媒師に乗り移った被害者の霊だった!
「あの人は、私を殺した犯人ではありません!」
その言葉のみを信じ、弁護を引き受ける成歩堂と助手のあなた。
真犯人は他にいるのか?なぜ容疑者は犯行を認めたのか?
裁判終了まで一時間。
はたしてあなたは逆転無罪を勝ち取ることができるのか?


霊媒師の集う村とか霊が取り付くとか「そんなオカルトありえません!」等と言ってはいけません。
逆転裁判の世界ですから色んな意味で何でもありです。

アニメ逆転裁判というようにアニメ版が元になっていて最初の導入部のムービーやエンディングは前回のゲームCGだった倫敦と違いアニメ版を使い作られています。
勿論台詞などは新録で殺人事件なのにちょっと笑えてしまったり抜けているような台詞回しは逆転裁判ならでは。

この公演はチーム制で最大6名のチームにスタッフが割り振ってくれます。ですから私のように一人でいっても大丈夫ですよっ!
今回のチームは女性2人組×2に私が入っての5人チームでした。

よくあるリアル脱出ゲームと違い部屋の中を歩いて回る必要はほぼなく、カメラでの写真も必要ない作りで謎解きに必要な証拠品や証言はアニメのように糸鋸刑事からもらえます。彼なので多少抜けてはいますが・・・

その証拠品や証言のムジュンを指摘し裁判官に「異議あり!」と提出し認められることでさらなる証言や証拠品が渡されていくという形式です。

とは言え基本的にチームでの情報共有や協力が大事なのはリアル脱出もリアル逆転も同じ、初めてあった人とであってもしっかり話し合い逆転無罪を勝ち取りましょう。

今回私達のチームはラスト数分を残して見事に謎をとくことが出来ました。18チーム中8チームが成功だったので難易度は多少低めですが出口に書いてある累計脱出率は以下のとおり31%でした。
IMG_20160827_125335_R

脱出ゲームというよりリアル逆転裁判とも言えるこの公演、最後まで解けた時は勿論、裁判官に「くらえ!」と証拠を突きつけてやりましょう。

謎解きというより証言のムジュンと証拠品を繋げる閃きのほうが大事なタイプのゲームですがクリア出来たから余計言えるんだろうけど楽しかったです!

逆転裁判という作品が元になっているため、リアル脱出ゲーム初心者でも比較的とっつきやすい公演になっていると思いますのでこれを機にリアル脱出ゲームの世界に触れてみるのも楽しいと思います。是非チャレンジを!