池袋でサイコパス原画展を見てきた後パレスホテル東京へ戻ってきたのは13時40分位、このホテルのラウンジでは休日14:00から(平日は13:00〜)アフタヌーンティーが楽しめるのを知っていたため早めに戻ってきたのでした。

ラウンジの入口で聞いてみると14:00〜ですが順番にお呼びするため受付しておくことができるらしくお願いをしました。土曜日のこの時点で6組目とそこまで混んでない様子。
ここでアレルギーの有無なども聞かれたので苦手な食材やアレルギーがある方はいっておくと良いですよ。
私はアルコールがダメなのでその旨のみ。

ホームページでは平日のみ予約受付とあったので土日はランチタイム後半辺りから現地でのみ受付みたいなシステムなんだと思います。
準備が整いましたらお呼びしますので、と言われたのでロビーのソファでゆっくり休ませてもらいました。
今回は14:10分位に案内されました。
ここのアフタヌーンティーは4000円、グラスシャンパン付きだと5800円です。
私はお酒ダメなので普通のですけどシャンパンとで優雅にってのも憧れちゃいますね。

アフタヌーンティーのお茶は豊富な種類から選ぶことが出来、しかも茶葉の交換無料ですよ!
その豊富な種類はジャンル別に分かれています。

クラシカルティー
モカルバリエ(アッサムバリ)・イングリッシュブレックファースト・ライト&セイロン・ディンブラトワフレー

アロマティー
スペシャルアールグレイ・アイリッシュモルト・モルゲンタウ・ポムファニングス・ホルシュタイナーグリュッツェ

ハーブティー
レモングラス・ローズヒップ&ハイビスカスブレンド・カモミール・ペパーミント

ジャパニーズティー(日本茶)
百年の春(煎茶)・玄米茶・柚子抹茶

チャイニーズティー(中国茶)
桂花茶・鉄観音茶・プアール雲南・茉莉花茶・キーマン

いかがですか?このラインナップ!都内のアフタヌーンティーの中でもトップクラスの品質と種類です。
CIMG3315_R
最初は紅茶をゆっくりいただきながら待つこと約20分。
因みにこのお茶はホルシュタイナーグリュッツェ、ドイツの伝統的なデザートティでドライフルーツのみで作った(それってお茶っていうの?)紅茶で甘酸っぱくフルーツの香りが広がります。
CIMG3318_R
小さなお重に乗って運ばれてきたアフタヌーンティーがこちら。
パレスホテル東京のアフタヌーンティーは和のスタイルなのです。
CIMG3319_R
ひとつ目のお重はズワイ蟹とホウレン草のキッシュ、ポークパストラミのサンドウィッチ、イクラのブリーニ、五目ミニ稲荷寿司、ピクルス、ドライ苺
CIMG3320_R
2つ目はきなこのクッキーのチョコレート2種添、紅茶のスコーン&イチゴジャムとクロテッドクリーム、ストリベリーマカロン
CIMG3321_R
3つ目は抹茶のチョコレートフォンデュ、練り切り、フルーツ白玉 
CIMG3322_R
順番にいただいていていきます。
CIMG3326_R
一番面白いのが抹茶のチョコレートフォンデュ。抹茶チョコレートソースにフルーツをくぐらせていただきます。調度よい粘度で上手く絡むんですよ。フルーツだけでなく白玉もつけていただいちゃいました。
CIMG3327_R
よくあるティースタンドでなく3段重で提供される和のアフタヌーンティーは味だけでなく見た目も美しく素晴らしいものでした。特に和を取り入れたことにより通常のアフタヌーンティーよりも味やメニューに幅ができ甘さ1つとっても数種類のタイプで飽きることがありません。

このクオリティと茶葉の交換無料であれば4000円はかなりオトク。
手が込んでいる分多少提供までに時間がかかりますが間違いなくおすすめできるアフタヌーンティーでした。