今回は明日のアニメJAMに参加するため前日入りで東京へ来ました。
当日の朝や夜行バスって手もあったけど何かのトラブルで遅れたりすると残念だしゆっくりホテルステイしたいしってことで遠征決定。

今日の宿泊は品川にあるプリンスホテル群のひとつ、ザ・プリンス さくらタワー東京。
高輪口からすぐのさくら坂を登るとあるプリンスホテルグループのフラッグシップブランドのホテルです。

品川にはプリンスホテルが品プリ、GP高輪、GP新高輪、ザ・プリンスとそろっているけど一番リーズナブルなビジネス客は品プリが多く、安めのツアー客や中国などから騒がしいゲストはグランドプリンスに流れるためかザ・プリンスさくらタワー東京は比較的良い客層でワンランク上のステイが出来、駅近くなので気に入っています。
DSC00026_R
2年ほど前に大規模改装したロビー
CIMG3106_R
このホテルのクリスマス飾りはロビーの雰囲気を尊重したささやかなもの。
キャンドルは実際の火ではなく作り物ですが近くで見ないと本物みたいに見えます。
CIMG3107_R
CIMG3108_R
今回ベルに案内してもらったお部屋は最上階、14階のデラックスキングルームです。
エレベーターはこの客室数で4基としっかり多めにあるため待たされることが少なく春夏秋冬のイメージで色分けされているのもお洒落です。
DSC00281_R
組み木模様の絨毯も和の雰囲気。
DSC00286_R
ルームナンバーは木製で焼き付け刻印。
CIMG2994_R
46屬里部屋はゆとりがあるレイアウト。
広いけどこれがこのホテルの標準客室なんですよっ。
DSC00030_R
縦より横幅が広いキングサイズのベッドは両手いっぱいに広げても端っこに届かないのですごい快適。
DSC00039_R
テレビは東芝の50型でした。
DSC00043_R
無料のミネラルウォーターはプリンスホテルブランドの南魚沼産が2本
DSC00042_R

DSC00044_R
空気清浄機は端っこでそこまで存在感を感じさせない場所に。
DSC00051_R
ワンピースタイプのナイトシャツと浴衣。
DSC00053_R
冷蔵庫やミニバーもそこそこ充実しています。
DSC00054_R
DSC00055_R
DSC00057_R
お次はバスルーム。
ゆとりのあるレイアウトで大理石張りのダブルベイシン
DSC00061_R
バスタブも回りを大理石で貼ったタイプでジャグジー付がザ・プリンススタイル。
バスピローもついています。
DSC00060_R
奥にはシャワーブース、ハンドシャワーのみでレインシャワーはないのが残念。
バスローブもしっかりバスルームにかけてありバスタオルは4枚、通常のタオル2枚、ハンドタオル2枚と十分な量。
DSC00069_R

バスアメニティは去年はルメードゥだったのがCOビゲロウになっていました。
アメリカの歴史ある調剤薬局系のコスメブランドですね。
シャンプー・コンディショナー・シャワージェル・ボディローションです。
その為かシャンプーはちょっと漢方薬のような香りでした。

その他のアメニティは和紙に包まれていて入浴剤やレディスアメニティとしてマーガレット・ジョセフィンのスキンケアセット。
DSC00068_R
DSC00066_R
DSC00083_R

シャワーブースにもCOビゲロウのシャンプー・コンディショナー・シャワージェル
こうやって必要なところに必要な物が置いてあるのは良いことです。
DSC00073_R
ジャグジー付で広めのバスタブ。
DSC00079_R
DSC00080_R
見て分かるようにバスルームにはトイレはなく個室タイプ。
トイレ内にミニベイシンもしっかりあります。
DSC00032_R
DSC00034_R

お部屋探索した後は1階にあるメインダイニングの「チリエージョ」へ
落ち着いた雰囲気でありながらそこまで堅苦しくない雰囲気のお店です。
CIMG3000_R
今回注文したディナーは宿泊者用の限定コースメニュー。
その意外のお料理は宿泊者だと10%OFFで利用できるそうです。

前菜はサーモンと野菜のシーザーサラダ。結構なボリュームです。
イタリア料理らしくパンとオリーブオイルももちろんありますよっ。
グラスワイン付きでしたがお酒がダメなのでフレッシュオレンジジュースをお願いしました。
CIMG3006_R
CIMG3007_R
メイン料理は金目鯛の蒸し焼き 昆布と香草風味 蕪のクレーマ
非常に柔らかくそれでいて崩れない金目鯛に昆布と香草の風味がマッチした一品。
CIMG3015_R
CIMG3019_R
デザートはドルチェ盛り合わせ
フルーツ・紅茶のロールケーキ・チョコレートムース・リコッタチーズのタルトと紅茶。このコースで5,000円しないんだからリーズナブルでしょ。
CIMG3029_R
CIMG3031_R

ディナーの後はさくらタワー宿泊者は地下にあるスパの温浴施設が無料になっていたので利用しました。
グランドプリンス利用者は2,160円にて利用できます。
改装前のさくらタワーの時無料でリニューアル後有料になっていたので以前に戻っただけですがブロアバス・ミストサウナ・ドライサウナとスロースタイルジム、リラックスラウンジが利用できるのは嬉しいです。
ブロアバスの洗い場にあったシャンプー類はPOLAのエステロワイエでした。

これはリラックスラウンジの様子。各種新聞などとウォーターサーバーがあり環境ビデオが流れていてリラックス出来ます。
ハイアット等みたいにソフトドリンクやちょっとしたフルーツ等があるともっと良くなると思うけどそれは高望みかな?
CIMG3060_R
CIMG3061_R
このホテルのもう一つの売りが庭園、12月とはいえ紅葉が綺麗で更にクリスマスのイルミネーションもあって見どころ十分。ここは24時間誰でも入ることが出来ますしさくらタワー、高輪、新高輪全てにつながっている中庭にもなっています。
DSC00293_R
DSC00294_R
DSC00301_R
DSC00304_R
DSC00307_R
DSC00327_R

これがグランドプリンス新高輪のクリスマスツリー。華道家の前野さんによる作品で3つのホテルの中で一番大きく派手。
DSC00318_R
DSC00315_R

少し落ち着いた雰囲気のグランドプリンス高輪には少し小ぶりだけどスタッフの力作のツリーが今年も登場。木で作られたトナカイさんも可愛いです。
DSC00324_R
この後EPSON品川アクアパークで水族館を楽しんできてお部屋へ戻ってきたらターンダウンしてありました。
ベッドメイクがされていてナイトシャツとスリッパがベッドにセッティング。
氷もアイスボックスに入れて置いてあるというしっかりとしたサービスです。
DSC00287_R

DSC00288_R
DSC00289_R
DSC00290_R

少し冷えたし色々見てきたので今度はお部屋のジャグジーでバスタイムです。
DSC00373_R
DSC00377_R
窓の外の夜景、シティ側だったので都会らしい夜景が広がっています。
DSC00411_R
DSC00341_R
FireTVstickを持ってきたのでベッドで寝ながら弱ペダ。
CIMG3041_R
翌朝はちょっと雨模様、朝食はルームサービスでコンチネンタル・ブレックファースト。
DSC00417_R
DSC00427_R
コンチネンタルだけど温野菜って珍しい。食パンの影に隠れてるけどクロワッサンと白パンもありペストリー類は5種盛りでした。十分な量です。
DSC00420_R
DSC00421_R
DSC00423_R
DSC00424_R

食後は朝のお散歩、庭園出口に傘が使えるように出してあるのは流石ですね。
CIMG3065_R
都心のホテルとは思えない風景が素敵でしょ。
CIMG3066_R
CIMG3067_R
CIMG3069_R
CIMG3071_R
CIMG3075_R
CIMG3076_R
CIMG3077_R
CIMG3091_R
CIMG3092_R


グランドプリンス新高輪の地下にはセブンイレブンがあり東京土産などもここで販売されていました。
営業時間はAM7:00〜AM1:00、どうせならセブン(AM7:00)イレブン(PM11:00)にすればいいのにw
CIMG3078_R

その後は朝風呂代わりにスパのブロアバスへいったりお部屋でくつろいだりして堪能した後チェックアウトしました。
DSC00473_R

前回よりさらに洗練されたサービスと接客でグランドプリンスとの差別化が強化されていたザ・プリンスさくらタワー東京でした。

オートグラフコレクションにも加入している関係もあってかプリンスホテルにしては珍しく段々と良くなってきているのが良いです。できれば初期のように座ってテーブルでチェックインとかできると更に良くなるんですけどね。

品川エリアのホテルで和を楽しめる落ち着いたホテルでこのクラスとしては値段もそこまで高くないのでおすすめですよっ。
特に桜の季節と紅葉の季節は庭園が綺麗で穴場なポイントなのです。