今回はイベントと関係なく家族旅行。2歳の子供を連れてなのであまり遠くまで行くと疲れる為大阪にしました。
ホテルを何処にしようか考えて決めたのがココ、以前も宿泊した大阪マリオット都ホテルです。
日本一の高さのビル「あべのハルカス」上層に位置するこのホテル、選んだ理由は新大阪駅で新幹線から地下鉄御堂筋線へ乗り換えて22分の天王寺駅直結という便利な立地と目の前にある天王寺動物園など徒歩圏内に連れていける場所があること。そしてやっぱり眺めが良いことです。

周りに大きなビルもないためひときわ目立つ大阪ミナミのランドマーク。
CIMG1475_R
フロントのチェックインカウンターの上にあるこのシャンデリアが見どころの1つ。
CIMG1479_R
今回は添い寝の子供がいたのですが子供用のアメニティもフロントでいただけました。
CIMG1485_R

今回のお部屋はこのホテルの中では低層階の40階にあるスタンダードフロアのデラックスツインルーム。
お部屋はこんな感じでそこそこの広さ。
CIMG1524_R
ベッドはセミダブルサイズが2つ。
CIMG1489_R
液晶TVはシャープの46型でデータ放送を使ってホテル内の案内や近鉄百貨店、近隣の観光地などの情報も表示できます。
CIMG1492_R
CIMG1637_R
CIMG1641_R
CIMG1642_R
CIMG1643_R
CIMG1644_R

CIMG1652_R

無料のミネラルウォーターは2本、
CIMG1493_R

CIMG1494_R

グラス類もそこそこ豊富で急須が南部鉄の鉄瓶です。
CIMG1525_R
CIMG1526_R
冷蔵庫はシースルータイプで充実、スペースの余裕があるので持ち込んで冷やすのもOKです。
CIMG1496_R
ライティングデスクは円形で小型
CIMG1497_R
景色を眺めるならオットマン付きのソファでゆったりと
CIMG1498_R
ベッドサイドにあるのは時計兼ブルートゥーススピーカー
最近のホテルらしくお部屋の照明コントロールだけでなくコンセントも近くにあるのは便利です。
CIMG1563_R
CIMG1564_R
聖書と雑誌等
CIMG1566_R
TV台の下の収納にはナイトウェアと貴重品入れ
CIMG1509_R
CIMG1507_R
CIMG1508_R
ナイトウェアは少し厚手のツーピースタイプ。
CIMG1591_R
この箱のなかにはホテルの案内や宅配便の用紙など
CIMG1573_R
CIMG1574_R
クローゼットも通常仕様には十分な広さでもちろんバスローブも完備。
CIMG1512_R
CIMG1511_R
バスルームは洗面所と浴室が分かれている洗い場付きのタイプ、これも子供連れの時にはありがたく今回ココに決めた理由の1つでも有ります。
CIMG1486_R
バスアメニティは最近マリオットでよく使われているスパブランド「THANN」のシリーズ
CIMG1490_R
歯ブラシ等のアメニティ類はホテル独自のパッケージでハルカス、通天閣、大阪城をあしらったデザインの箱に収められています。
マウスウォッシュも完備。
CIMG1491_R
タオルは3種が2つづつ、ヘルスメーターも有りました。
CIMG1513_R
CIMG1514_R
トイレは個室で入ると蓋が自動で開く全自動タイプのウォシュレット。
CIMG1515_R
バスタブは広く深いのでゆったりとつかれますがオーバーフロウがついていて溢れさせることは出来ないタイプです。
シャワーはハンドシャワーのみでマッサージ機能付きのもの。
CIMG1487_R
CIMG1488_R
お湯は自動湯はりでスイッチひとつで他って置けるので便利、お湯の出も高層ホテルなのに力強く快適です。
入浴剤も置いてありました。
CIMG1518_R
バスチェアも完備。
CIMG1522_R
このバスルーム最初はベッド側から見るとこうですが仕切り板を動かせばガラス張りにすることも出来ます。
こうすることでお風呂に浸かりながらTVをみたりできるんですね。
CIMG1499_R
CIMG1500_R


CIMG1528_R
低層階でもこの眺め。下手な展望台より高いです。
CIMG1529_R
このホテルの17階にはカフェとファミリーマートが入っているので必要な物を忘れてもだいたい揃うのも助かりますね。
CIMG1536_R

CIMG1537_R
ファミマあべのハルカス店、夜は22時までですが大阪土産まで揃う便利な品揃えが嬉しいです。
CIMG1539_R
19階のロビー階にはホテルショップも
CIMG1547_R
ベーカリー類やケーキ、ショコラからホテルメイドのクッキーやドレッシングなど豊富な品ぞろえでワンランク上のお土産にはおすすめです。
CIMG1545_R
秋の限定スイーツのヴェルミセルは中のメレンゲが湿気でしぼんでしまうらしく注文するとレストランへ電話をかけてその都度仕上げをして持ってきてくれます。
CIMG1546_R
ショップ内にあったオブジェかと思いきやメレンゲなどで作った本物でした。
CIMG1544_R
CIMG1543_R

CIMG1555_R
お部屋で眺めながらスイーツタイムもこういったホテルの醍醐味です。
CIMG1557_R
夜のロビー階からでもこの眺め、通天閣より高いw
CIMG1579_R
シースルーにできるお風呂は内側からブラインドを下ろすこともできるので仕切りををベイシン側、バスルームはブラインドでベッド側から見れなくできるから安心ですよっ。
CIMG1593_R
お部屋からの夜景は流石、
CIMG1614_R
CIMG1615_R

CIMG1605_R

CIMG1622_R
翌朝の風景、快晴ですっ
CIMG1626_R



CIMG1655_R
このホテルのお楽しみの1つがコレ。あべのハルカスの展望台、ハルカス300に開業時間前の早朝に無料で登れる特典付きなんです。
CIMG1531_R

CIMG1671_R
宿泊者のみなので凄い空いていて特別待遇って感じで素敵でしょ?
CIMG1674_R

CIMG1695_R

300mからの眺望、通天閣3つ分の高さです。
CIMG1676_R
CIMG1678_R
CIMG1687_R
CIMG1694_R
CIMG1693_R

こういったところではお約束の下がシースルーな場所も
CIMG1689_R
あべのベアはハロウィンバージョン
CIMG1692_R
そこに何が見えるかの説明も東西南北にはられています。
CIMG1707_R
デジカメでズームして大阪城みっけ
CIMG1680_R

CIMG1682_R
早朝のガラス拭きのお仕事
CIMG1711_R

CIMG1717_R
唯一の欠点は中のお店もまだ営業前なのでショップなどが開店してないところかな?
CIMG1716_R
その後は朝食へ、ロビー階のブッフェレストラン「COOKA」へ
CIMG1729_R
明るくさわやかな雰囲気のお店で気軽に入れる雰囲気です。
CIMG1736_R
ペストリー類はかなり豊富、それ以外にもホテルらしいメニューがズラリ
CIMG1742_R
CIMG1743_R
CIMG1745_R
CIMG1746_R
CIMG1747_R
CIMG1749_R
CIMG1751_R
CIMG1752_R
CIMG1753_R
CIMG1754_R
ホットミールのコーナーにはオーダーしてから焼いてくれるパンケーキもあります。
CIMG1755_R
ホットミールにたこ焼きがあるのは大阪ならでは
CIMG1756_R
CIMG1757_R
CIMG1758_R
CIMG1759_R
和食はご飯やお粥、お味噌汁、うどんなどを具を自由に選んで作れるようになっています。
CIMG1762_R
オーダーオムレツはテーブルにおいてあるスティックを持ってきて注文するマリオットスタイル。
CIMG1763_R

CIMG1765_R
CIMG1767_R
CIMG1769_R
朝食の後は近場の四天王寺や通天閣などを観光したり近鉄百貨店でお土産を物色したりとあまり遠出せず楽しまるのも便利です。

最後はティータイムにロビーのラウンジプラスで軽食
ココア、マルゲリータピッツァ、クラブハウスサンドイッチ等
CIMG1815_R
CIMG1823_R
CIMG1826_R
CIMG1827_R
高級ホテルで観光地でもあるこの大阪マリオット都ホテルはかなりコストパフォーマンスもよく家族連れにもおすすめできる良いホテルでした。
今回は利用しなかったけどルームサービスもリーズナブル(ピザとかラウンジで頼むのと100円しか違わなかった)なのも◯
欠点はスパやプールなどがないところですが早朝に展望フロアへいけるしなによりハルカスに泊まったって言うだけで話の種になって自慢できちゃうのが一番でしょw

大阪観光の時は一押しですよっ!