2日目の宿泊先に選んだのは六本木ヒルズにあるグランドハイアット東京、この間宿泊したアンダーズと同じハイアット系の高級ホテルです。
NHKの「仕事の流儀」で紹介された最高のコンシェルジュ、阿部佳さんが勤務されていることでも有名です。

以前に何度かレストランなどを利用して素晴らしかったことも有り一度宿泊してみようと思ってたんですよねっ。
CIMG0927_R
広々としたフロントロビーはヒルズから直結もされていてレストランのフィオレンティーナもこの階に有ります。
余談ですがこのフロントにあるトイレは一般客も利用できるのにむちゃくちゃ豪華なので何かのついでに行ってみるとすげぇ!となりますw
CIMG0929_R
この独特のオブジェの間からエレベータホールへ
CIMG1033_R

案内された今回のお部屋は11階の標準的なお部屋グランドルームツインです。
グランドハイアット東京 ベッドルーム - Spherical Image - RICOH THETA



窓は少しだけ椿山荘のように出っ張っていてちょっと小さめだけれどコーナールームっぽい作り。
ベッドはターンダウン済み、フカフカで純白のシーツが綺麗です。
CIMG0936_R
液晶テレビは今となっては小型の32型、横にはDVDプレーヤーも備え付けられています。
どちらも今となっては物足りないのでそろそろ大型化やBDも必要になってくることでしょう。
独特の形のテーブルは面白いデザインでデザイナーズホテルのよう。
CIMG0937_R

CIMG0938_R
逆にテーブルに付いている設備は素晴らしくここだけでコンセント2つ、USB電源、HDMI入力、Bluetooth、LAN端子など。必要ないときは隠せるのでデザイン的にも損なわないし良いものです。
CIMG0939_R
オットマン付ソファは中々の座り心地
CIMG0940_R
ベッドサイドにはターンダウン時に行われたと思いますがミネラルウォーターとグラス、リモコンが使いやすいように置かれています。
こういった細かい気遣いからもホテルの格が伺えますね。
CIMG0941_R
ティーセットやミニバーもこのクラスらしく中々の品揃え。
CIMG0930_R
ここのコップがなくなっているのはターンダウン時にベッドサイドへセッティングしてくれてあるからです。
CIMG0931_R
CIMG0932_R
CIMG0933_R
CIMG0934_R

バスルーム途中にベイシンと一緒にあるクローゼット。
グランドハイアット東京 ベイシン - Spherical Image - RICOH THETA


質はコンラッドほどではないものの浴衣と同じ柄のデザイン性が高いスリッパは男性用女性用で大きさが2種用意されているのもポイント。
バスローブももちろん完備です。
CIMG0951_R
CIMG0952_R
CIMG0953_R

三角のようなデザイン性が高い大理石のボードに円形ベイシンというデスクと同じく丸と三角の組み合わせ。
大きな丸い鏡とライト付き拡大鏡も◯
CIMG0942_R
ソーイングキットまで揃うアメニティ類は整然と並べられています。
CIMG0965_R
歯ブラシはマウスウォッシュ付、その他も悪くない品質のもので揃えてあります。
CIMG0992_R
CIMG0998_R
CIMG0999_R
ヘルスメーターもデザイン性が高い。
CIMG0967_R
トイレはドアを開け感知すると自動で開くタイプ
CIMG0950_R
洗い場付きのバスルームは中々の広さ、ハンドシャワーレインシャワーも完備。
グランドハイアット東京 バスルーム - Spherical Image - RICOH THETA


洗い場付きでオーバーフロウ無しなので溢れさせてOKなバスタブ。
CIMG0946_R
CIMG0947_R
バスアメニティはジュンジェイコブズのスパコレクション、グリーンティアンドキューカンバー(緑茶ときゅうり)シリーズでさわやかな香りに癒やされるバスタイムを約束。
ヘアシャンプー・コンディショナー・シャワージェルはシャワー付近、シャワージェル・ボディバーはバスタブ横、ベイシンにはボディクリームと化粧石鹸と必要な場所に必要な物が設置されていてこの辺りの配慮もさすが。
CIMG0944_R
ボディタオルはヘチマかな?
CIMG0945_R

シャワーは手元のスイッチを押すたびに3種類に変化。
すべてが高次元でまとまっていて快適なバスタイムが楽しめます。
CIMG0971_R
CIMG0972_R
CIMG0973_R
東京らしい夜景、まあグランドハイアット自体そこまで高層でないのでアンダーズとか程の夜景は期待しちゃダメですね。
しかし最近東京来るたび天気がイマイチなのは何故でしょ?
CIMG0978_R
SDIM0036_R
CIMG0980_R
夜景をバックに1枚。グランドハイアットにいる〜私達っ!
SDIM0038_R

この日はお風呂を堪能した後就寝です〜
いろいろあって疲れたっ

そして翌朝、このホテルにももちろんプールなどのスパ設備がありアンダーズと同じく朝5時から営業。
宿泊客でハイアットゴールドパスポートに入会していれば無料で利用できます。
ゴールドと言っても普通の無料会員でホームページからも簡単に入会できるのでハイアットに宿泊予定でまだ会員じゃない人は事前に登録しておくといいですよっ!

ココのプールは外の景色は楽しめないものの見て分かるように光るジャグジーが売り。
DSC_0024_8_R
最初に受付だけ済ましてロッカーへ
ロッカールームにはリラクゼーション用のマッサージチェアやヘッドフォン付の小型TV。
DSCN9868_R
そして自由にいただけるフルーツや飲み物、おつまみなどもしっかり揃っています。
これを持ってリクライニングの椅子に座りながらテレビを見るというのも一興。
DSC_0020_5_R
DSC_0021_4_R

パウダールームは透明なアクリル製でゴージャスな雰囲気。
DSCN9872_R
さてと、まずはプール。
朝5時に来ると誰も使ってなくて貸切状態。
都心で豪華な広いプールを独り占めっ。夏はやっぱりプールですっ!
DSC_0022_3_R
DSC_0015_8_R

DSCN9875_R
DSCN9884_R

もちろんジャグジーも堪能してきました。
DSC_0013_6_R

ロッカールームからはバスルームにも行けます。
シャワーブース、ジャグジー、水風呂、サウナと一通り完備。
DSCN9887_R

プールなどをしばらく堪能しリラクゼーションで一休みした後はお部屋に戻って朝食です。
あまり他所でレポが少なそうなので和朝食を注文。
ジュースはクランベリー、ご飯はお粥をお願いしました。

で、運ばれてきたのがこちら。
黒を基調とした器に盛り込まれた食材は見た目だけで分かるクオリティ。
CIMG1010_R
CIMG1011_R
お粥は鰹だしの餡を掛けて頂きます。
CIMG1012_R
この肉厚の焼き鮭は皮にも切り込みが入れてから焼かれていて美味しい皮の部分までパリッと食べやすい配慮が凄い。
その他の小鉢類も見た目、味共に素晴らしい。ルームサービスの和朝食の中でもトップクラスです。
CIMG1016_R
CIMG1017_R
CIMG1018_R
季節のフルーツはメロンとこれからが旬の梨、どちらも当然甘くて美味しい。
CIMG1013_R

朝食後はロビーにあるフィオレンティーナペストリーブティックで家や友人へのおみやげを購入。
ついでに目についたマンゴープリンをお部屋にお持ち帰りしてチェックアウト前にティータイムです。

CIMG1036_R
CIMG1040_R

この後はチェックアウトをしてタクシーで次のホテルへ。

ハイアットのブランドに恥じない素晴らしいホテルで立地も良く食事も美味しいラグジュアリーホテルでした。
コンシェルジュの阿部さんにお聞きする機会やトラブルはありませんでしたがチェックアウト時にお客様に対応されていたのを拝見しちょっと感激。
もちろん用事もないのに声かけたりはしませんがかっこ良かったです。

そんなグランドハイアットの唯一とも言える欠点は六本木の夜は外が多少騒がしいことでしょうね。また機会が有れば再来したいホテルでした。