今年の異常に熱かった夏ももうすぐ終わり・・・って夏といえばアニサマ、これがないと夏は終わりません!
ってこともあってようやく発売されたキンブレの新型、キングブレード X10III を購入してきました。

キングブレード X10IIIといっても3種類ありそれぞれの特徴は以下の通り。まあ、先端のチューブ部の違いだけなんですけどね。

シャイニング キラキラ仕様で一番綺麗、反面色ムラは多め
スモーク 白クリアな素材のチューブ部で色ムラが少ない
スーパーチューブ  スモークを更に小型に、その分色ムラもなく均一な発色

今回はスタンダードなシャイニングを購入しました。
ペンライトとしては豪華なパッケージ。
CIMG0680_R
てっぺんの蓋にはキングの王冠マーク
CIMG0682_R
ストラップ穴や電源スイッチなど表面上は以前のキンブレとほとんど同じに見えます。
CIMG0684_R
CIMG0685_R
ONENESSの時に物販で購入した公式ペンライトと比較
これはキンブレのスモークのカスタマイズ版なので色とロゴ以外はほぼ同型に見えます。

付属品はストラップと今回の目玉昨日のチューニングケーブルと説明書
CIMG0722_R
CIMG0723_R


CIMG0686_R
点灯してみるとこんな感じ、写真ではわかりにくいけど少しだけ発色が良くなっている気がします。
そして白色、これが今回の変更の第一ポイント、今までは赤・青・緑の3色LEDで色を作っていたのに対して新型は白色LEDが追加されているためムラがなく綺麗な発色です。
CIMG0692_R
CIMG0693_R
それでもわかりにくいのでそれぞれの白色の写真をアップで。
白と少し紫がかった白の違いがわかりますよね。
実物は更に良くわかりますよ。
CIMG0703_R
CIMG0704_R
ディフォルトカラーは15色で底にある色変更ボタン押すたびに色が変わります。
 

1.RED
CIMG0719_R

2.BLUE
CIMG0705_R

3.WHITE
CIMG0706_R

4.ORANGE

CIMG0707_R

5.GREEN
CIMG0708_R

6.PURPLE
CIMG0709_R

7.PINK
CIMG0710_R

8.YELLOW

CIMG0711_R

9.LIGHT GREEN
CIMG0712_R

10.LIGHT BLUE

CIMG0713_R

11.LIGHT PINK
CIMG0714_R

12.VIOLET
CIMG0715_R

13.LIME

CIMG0716_R

14.TURUQOISE
CIMG0717_R

15.HOT PINK

CIMG0718_R

基本の色を見た後はチューニングモード
説明書には詳細に使い方が書かれています。
CIMG0720_R
キンブレの電源を入れた後電源と色変えのスイッチ同時長押しで青の1秒位間隔の点滅でチューニングモードに、そこでケーブルを使いスマホアプリから設定を送るといった方式です。
CIMG0726_R
CIMG0724_R

QRコードをスマホで読み込んで見るとアプリのダウンロードページにリンク
どうやらiOS版アプリは登録申請中(2015.08.16時点)みたいです。注)8.20日にiOS版も登録されました。


アクセスが多いのでちょっとだけ追記:androidアプリが私の手持ちで動作確認できた機種はXperiaZ(SO-02E)androidウォークマン(NW-F886)
音声出力を使うため動作しない場合は機種の音量を最大にあげてみてください。 


Screenshot_2015-08-16-12-31-51_R

Screenshot_2015-08-16-12-32-12_R
最初に自分の機種を選ぶ画面、X10靴任垢諭
Screenshot_2015-08-16-12-32-31_R
ここでディフォルトカラーの15色意外の色が欲しい場合、自由にカスタマイズできるのです。
Screenshot_2015-08-16-12-32-47_R
色の変化の順番も変えれるし自分独自のカラーチェンジを登録も出来ます。
Screenshot_2015-08-16-12-33-05_R
色は赤・緑・青・白のLEDを0〜255で設定出来ます。
因みに白は白255で残り0なので全部255にすればちょっと赤みがかかった白だけど更に明るくなります。
Screenshot_2015-08-16-12-33-31_R
まあディフォルトの15色があれば通常問題ないレベルですが今までなかった機能だけに色々カスタマイズしてみるのも楽しいと思います。

追記)電池持ちは今までと同じか気持ち短い位だけど他社のように弱くなっていってもうすぐ切れそう感がなくいきなり切れるので明かりだけで判断すると悲しいことになります。(注)なりました。
また、冬場などは寒い分電池の持ちも悪くなり夏場の6割位で切れることも。
長時間のライブの場合はカバン等に予備の電池を忍ばせておいたほうが安心できます。

価格も以前のキンブレより定価で500円UPだけなので今までペンライトを持っていない方はもちろん、そろそろ買い換えたいなーって人にもオススメできる今後のスタンダードになるであろうペンライトだと思いますよっ。