映画を見た後は久屋大通の端にあるフラリエへ。
名古屋市が運営の施設で以前はランの館という名前で有料だった庭園も入場者の低迷から事業仕分けされ公園として再整備しリニューアル。
生まれ変わったフラリエは入場無料の庭園とレストランという施設になりました。
愛称の『フラリエ』は「ふらり」+「フラワー」+「アトリエ」による造語で公募によって選ばれたそうです。

DSCN9824_R
庭園内の案内図
DSCN9825_R

DSC_0071_R


DSCN9826_R

DSCN9828_R
DSC_0004_R

DSC_0005_R

DSC_0006_R

入って左手側に庭園、日本庭園ではなく洋風の庭園です。
DSC_0007_R
DSC_0008_R
DSC_0009_R

DSC_0011_R
DSC_0012_R
洋風かと思ったら予想外にアジアンテイストかも知れませんw
DSC_0013_R


DSC_0014_R
DSC_0016_R
DSC_0017_R

DSC_0018_R
DSC_0019_R
DSC_0020_R
DSC_0021_R

DSC_0024_R
DSC_0026_R
DSC_0028_R
こちらの建物がカフェやレストラン等の建物
DSC_0030_R
今回のレストラン、クアドリフォリオはここの2階に位置するお店です。
DSC_0032_R
館内の造りはなかなか豪華で大理石が多用されていてバブル期に作られた建物だけあります。
DSC_0033_R
DSC_0034_R


DSC_0035_R

建物の2階に位置するメインダイニング 、イタリアンレストラン クアドリフォリオで今日はランチのコースを予約していきました。
今回は一休レストランから予約で通常2400円ランチコースに乾杯用ドリンクが付いて2600円という内容。
ちょっとだけお得ですねっ。

乾杯用はスパークリングワインやソフトドインクから。
私はお酒が飲めないので濃厚なマンゴージュースです。
ネクターみたいに濃くって甘かった〜。
一緒に行ったつれはスパークリングワイン。
DSCN9830_R

最初はスープ
グリーンピースの冷製スープ ドライトマトを乗せて

グリーンピースの風味が強く出ていて美味しいけどグリーンピースが苦手だとキツイかも。ドライトマトの爽やかで刺激的な酸味と甘味がアクセント。
DSCN9831_R

前菜
生ハムとメロンのサラダ、カツオとナスのカルパッチョ、五穀米の炊き込み、キスとブロッコリーの天ぷら

陶器で出来たお重に入った前菜がクアドリフォリオスタイル。
イタリアンにこだわらず和もかなり取り入れた前菜で以外にも天ぷらがさくっと上がっていて下手な天ぷら屋より美味しい。
その他もクオリティが高く、目で見ても楽しく食べて良しの見事な前菜。
DSCN9832_R

DSCN9833_R
鯖とズッキーニのトマトソースカサレッチェ

カサレッチェはS字型の断面のショートパスタで具やスープが良く絡みます。

鯖とトマトが意外と合いシンプルながらイタリアンらしい一品。DSCN9834_R
デザートはチーズケーキとバニラアイスの盛り合わせ。
食後のドリンクも一緒に。私はグレープフルーツジュース。

甘酸っぱいラズベリーソースと濃厚なチーズケーキで見た目も綺麗なデザート。
DSCN9835_R
この建物の1階部分にはランの館の名残かランの販売店もありました。
DSC_0050_R
他にも室内のクリスタルガーデン。
DSC_0051_R
DSC_0052_R
DSC_0053_R
ここでもアジアンテイストは健在。
DSC_0054_R
DSC_0057_R
DSC_0061_R
DSC_0062_R
カフェもあるのでここで軽くティータイムっていうのもお勧めですね。
DSC_0065_R

矢場町の駅から徒歩数分のところにあり無料で庭園も楽しめるのに穴場なデートスポットです。
レストランもリーズナブルでありながら良質でコース料理が楽しめるのでオススメですよっ!