2日目の宿泊、ザ・ゲートホテル雷門へ荷物を預けた後、向かったのは浅草の東京観光汽船 東京クルーズのりば。
今日もお台場でサイコパスる予定ですがせっかくなので海路?を利用してみました。
P8303215_R
雷門からほど近く、吾妻橋のたもとに乗り場はあります。
P8303253_R

P8303228_R

受付時間がまだだったため付近を散策
P8303234_R
P8303237_R
P8303248_R

P8303249_R
受付の後、朝食代わりに乗り場内のカフェでヨーグルトソフト。トッピングは無料で好きなものをのせてもらえます。
今回はパイナップル&ココナッツシロップにしてみました。
P8303254_R
P8303256_R


P8303264_R
これが今回乗船する船、ホタルナです。
P8303266_R
P8303272_R

P8303273_R
P8303275_R
P8303276_R
船内にもカフェが併設。
P8303277_R

P8303438_R

船内は見た目以上に広くホテルのラウンジのよう。
座席は全席自由席ですので早めの乗船がオススメ。ただ乗船人数は決まっているので立ち乗りしなくてはいけないということはありません。
P8303279_R

P8303282_R
P8303283_R
館内アナウンスはこの船のプロデューサー、松本零士氏にあやかり銀河鉄道999の車掌とメーテル、鉄郎による各橋の解説や観光案内が流れます。
このアナウンスだけ聞いていても楽しいですが欠点は船の動作音も大きく少し聞き取りにくいことでしょうか。
P8303293_R
P8303341_R
たくさんの橋以外にも隅田川沿いの建物もこの角度から見れて楽しいですよ。
これは聖路加ガーデンにある銀座クレストン、空中回廊が目を引く建物ですね。
P8303335_R
隅田川の橋を抜け終わると船内アナウンスがあり屋上のルーフデッキへ上がることができます。
ここは汐留あたり、前方にレインボーブリッジが見えますね。
船内アナウンスはこのデッキでも聞くことができ、というより船内より聞きやすかったですw
P8303355_R
東京タワーもちらり
P8303347_R
竹芝のインターコンチネンタル東京ベイ
P8303360_R
P8303368_R
お台場の途中で日の出桟橋にも停泊します。
P8303380_R
P8303385_R

P8303389_R
遠くなったスカイツリー。
P8303396_R
レインボーブリッジをくぐってお台場へ、いつもはゆりかもめで通っている橋ですがこうやって下をくぐって見れるのはクルーズならでは。
P8303408_R
P8303412_R
P8303416_R
P8303419_R
終点お台場、日航東京とグランパシフィック・ル・ダイバの2大ホテル。
P8303428_R
P8303430_R
同時刻に停泊していたヒミコ
P8303444_R

というわけで1時間ほどのプチクルーズでお台場へ到着しました。
近未来的なフォルムで気軽に楽しめる隅田川クルーズ、観光と移動を兼ねて楽しめるのでオススメ。
このホタルナとヒミコは当日券もありますがホームページで予約もできるため予定が決まっているなら予約の方が確実です。