次のコーナーは
もちもち生アテレコ

TVの映像に合わせて生アテレコをやるよくあるコーナーです。
行われたシーンは

バトン部3人娘と・・・ごめんなさい
デラとアンで、小さいくせに〜
チョイ様襲来シーン
落ちてきたデラと史織さん
誰が誰を好きになってもいんだよ
小説版の表紙が動くんだよ

バトン部3人娘はキャラが固まってない頃で何度もやり直した思い出のシーンだそうです。
収録終了時に「お疲れ様〜、あ3人娘は残ってね」
と居残りだったこともあったとか。


そして他のシーンでは少しづつアドリブが入りデラと史織さんでは、
デラ「史織さんは繊細で美しくて・・・たまに腹黒いけどw」
のアドリブに対し

史織「あたし、ドSじゃないし、モチマッヅィさん、気持ち悪い」
などキャラ崩壊のセリフで返し毒を吐くw

誰が誰に恋してもいいんだよ
では、
かんな「みどちゃんはたまちゃんを好きになってもいいんだよ・・・」
みどり「・・・ホントに?」

とキマシ発言w
このアドリブについていくことができず声が裏返ってしどろもどろな洲崎さんw

最後は小説版の表紙はスマホでかざすと動く仕掛けがあるけどそのシーンのアフレコ
デラがみんなと写真を撮影しているシーンでした。


たまや新商品開発

ここで3人娘は次の準備で退場、残された4人でラジオコーナーのたまや新商品開発に投稿されたもちメニューを食すことに。
メニューはもちライス。3人娘が美味しいと高評価だったメニューです。
まあ名前通りもちにご飯にふりかけなんですがw

山下さん、山岡さんはこれ美味しいです。などと高評価、山崎、日高さんは微妙な評価でした。
でも十分食べれる味だそうで、要は食べれる味ならいい新人との違いでしょうか?

まあ、評価の低かったオレンジジュースもちとかよりは断然マシですよねwそれと比べれば高得点なのもうなずける。

バトントワリング

と、ここで3人娘の準備完了、ピンクのジャージ姿で登場。


全くの素人が頑張って練習を重ねついに初披露。
曲はEDのねぐせ

ちょっとぎこちない箇所もあったが笑顔でそして3人がしっかり揃った演舞、とここで回転させながら一瞬手を離す所で洲崎さんのバトンが落下。
その後は持ち直し目立つ失敗もなく終了。直後崩れ落ちる洲崎さんw

それでも短期間でここまでできたのだから良し。是非、京都公演の時は成功させて欲しいですね。


ここからはライブパートの準備ということで女性陣は全員退場、舞台は山崎さん一人で間をもたせることに、大変だw
ここで山崎さんからの発表が、キャラソンCDとBD1巻を購入して応募すると1500人に抽選で当たるCDにデラのキャラソンが収録されるそうです。

山崎「それではここでこの初披露のキャラソンを・・・」
(期待に高まる会場)
山崎「・・・歌いませんw」

ブーイングも出たけど実は未だ出来てすらいないらしいですw
なにか歌ってーの会場からの声にEDのねぐせをワンフレーズ歌う場面も。

その後も間を持たせるために何を話そっかなーとやっていると会場から裏話聞かせてーの声。

山崎「裏話・・・たまこのだよね?」
色々考えていると時間が来たらしく、
山崎「それじゃこの話は京都でするわw」
と舞台から去って行きました。


LIVE!
そしていよいよライブパート
と、その前に控え室で緊張しているたまこたちのミニドラマが

内容は控え室で緊張しながら着替えている6人、
かんな「みどちゃんみどちゃん、それ、あたしのスカート」
みどり「そんなわけ・・・え、あ、ごめんっ!」

などとテンパリ気味、そこへ通りかかったデラ。声を聞き手伝おうと入るも当然6人から怒られます(お約束)
が、これによって緊張がとけた6人、終わりよければすべてよし、満を持してライブパートへ

おもちアフェっクション!(たまこ キャラソン CV:洲崎 彩)
Girlfriends(みどり キャラソン CV:金子 有希)
カンカン・マキマキ(かんな キャラソンCV:長妻 樹里)
Call me Anne(あんこ キャラソン CV:日高 里菜)
今日も言えない(史織 キャラソン CV:山下 百合恵)
太陽とドラム(チョイ キャラソン CV:山岡 ゆり)
ねぐせ(たまこまーけっと ED CV:洲崎 彩)


全曲とも可愛いそして独特な振り付けのダンス。とくに洲崎さんのおもちを丸める仕草や長妻さんのかくかくロボットダンス、山岡さんの雨乞いみたいなダンスが可愛く印象的。

金子さんはコールアンドレスポンスで

金子「うさぎぴょこぴょこ」 会場「うさぎ山〜!」
金子「いつも元気な!」 会場「商店街!」

をやってくれましたし長妻さんのカンカン・マキマキ2番の途中での大曳、間柱〜の所で会場と一体になったコールも。

山岡さんは会場に向かって元気ですかー!元気があればなんでもできる!と某あの人のモノマネも・・・ま、これは黒歴史レベルでしたがw、というかこの人もち蔵ものまねでも事故レベルで懲りたと思っていたら・・・恐ろしい娘w

そして最後に再登場の洲崎さん、次で最後の曲です。と言うとお約束のえ〜!コール

洲崎「「え〜!」って行ってもらうの夢だったんです!」

洲崎さんはおもちアフェっクションの時もちょっとうるっと来てて最後のねぐせ途中でもかなり感極まってちょっと涙声、泣いてしまいました。


そして全員キャラごとに色が変わり揃うのを喜んでくれていました。
特にこの作品は新人声優が多いので、これだけの人の前で歌やダンスをするのも初めて、という声優さんも多く喜び方や緊張が凄い初々しく可愛らしかったです。

彼女たちの良い思い出にするためにも
京都公演に行かれる方はぜひサイリウムを用意していってくださいね。
物販のマーケットライト(サイリウム)は多色だけどオレンジとピンクがないので注意です。


ちなみに各キャラの色は以下の通り

たまこ(赤) みどり(緑) かんな(オレンジ) あんこ(ピンク) 史織(紫) チョイ(青)



アンコール

きっとね、ずっとね、よろしくね。(6人の合唱曲)

やっぱり最後はこの曲、6人による最後の締めくくりに相応しいです。
ちなみにこの曲はタオル曲、入場時に頂いたタオルはここで振っちゃいましょう!


最後はキャスト勢揃いで最後の挨拶、
ここで山崎さんがさっき言わなかった裏話を、どうやら山田監督の中では最終回は3パターン考えていたそうです。

ここの挨拶でも洲崎さんが感極まって泣いてしまい声が出ない場面も。

洲崎「これからもたまこたちとずっと友だちでいてください!」


最後に会場に届いていた花を載せておきます。
IMG_0393_R
IMG_0394_R

追記:主要キャラクター声優さんたち調べてみたらデビュー3〜6年目くらいの芸歴だったのですね。道理で上手なわけだ・・・新人声優と言っててすいませんでした。

でも今までアニメにあまり縁がなかったところに今回の主要メンバー、これを知って洲崎さんが感極まったり最後の挨拶で多分長妻さんだったと思うけど、この作品と出会えて人生が変わった一人です。と言ってたことを思い出しました。

厳しい世界だとは思いますがたまこまーけっと本編や今回のイベントでの経験を元にさらなる活躍を期待し見守って行きたいと思います。
そして出来れば次のイベントで出会えることを楽しみにしています。

スタッフ、キャスト、その他作品に関わった皆様お疲れ様でした。